ガレージの収納スペースに引き戸をつける!その4~水性ニスを塗る~

ガレージの収納スペースに引き戸をつける!その4~水性ニスを塗る~

引戸枠のニス塗り

イナバガレージの梁は、油性ニスで黒っぽく塗っているので、順当に行くなら引戸枠も同じニスで塗ることとなる。

が、油性ニスって体に悪そうな臭いが何週間も残るので、嫌なんよね。

 

イナバガレージの“なんちゃって”な柱や梁(はり)を本物っぽくしたい(ニス塗り編) イナバガレージの“なんちゃって”な柱や梁(はり)を本物っぽくしたい(ニス塗り編) 前回までに”なんちゃって梁”のヤスリがけが終了。 終わりにした、という表現の方が適切かもしれない(;^ω^)   ヤスリがけにより発生した粉を、固く絞った濡れ雑巾でふき取る。   汚れを取ると、木の素朴な色合いとなり、塗装しなくても良い感じになった。 むしろ、濃い色のニスを塗って […]

 

子供がガレージを遊び場にしているということもあって、使うのは躊躇してしまい、、、結局は水性ニスを使うことにした。

今回だけ水性を使うことで微妙に色合いが変わってしまったら嫌だなぁとも思ったが、何度も塗り重ねて調整すれば大丈夫かな、と。


 

まずはマスキングテープで枠以外にニスがつかないよう保護。

 

使用するハケは一番安いモノ。クシを通して抜け毛を除去しておく。

 

ニスをハケ半分程度まで含ませて塗っていく。ハケ全体に含ませて一度にたくさん塗っていきたい衝動に駆られるが、それをするとタレる原因になったりします ←経験談

 

敷居の側面はタイルを貼るのでテキトーな塗り方(^^;)

 

とりあえず1回塗りが終了。

 

当然だけど、梁と比べると、まだまだ色が薄い。

 

ツヤを出したかったので、2回ほど塗り重ねた後、軽くヤスリがけ。

 

さらにニスを塗り重ねていく。

 

結果、油性で塗った部分と違いが感じられない程度には仕上がりました~(^o^)

 

マスキングテープは、本来乾く前に取り除くのだけど、ニスは何度も重ね塗する必要があるので、いちいち毎回マスキングをやり直すのは面倒すぎる。よって、ずっと貼りっぱなしにしていた。

 

ニスを塗り終え、とうとうマスキングテープをとるのだが、このまま「エイヤ!」と取ってしまうと、せっかく塗ったニスがはがれる可能性がある。というか確実にそうなるので、カッターナイフで切れ込みを入れてから取り外す。

 

ペリペリペリって感じでキレイにはがせた。

 

ちょっとだけニスが壁紙に染み込んでしまっている箇所があった。

マスキングテープの張り付け不足と思われる。

 

まぁ、この程度の汚れならコーキング剤でごまかせるだろう。

柱の色にあわせてジョイントコークAのブラウンでコーキング処理を行う。

再びマスキングテープを貼って・・・

 

コーキング処理。


コーキング処理については、過去に何度かやったことがあるので、サクッと終了。

 

イナバガレージの天井をインナーガレージ風にしたい(その8~仕上げ) イナバガレージの天井をインナーガレージ風にしたい(その8~仕上げ) イナバガレージの天井は仕上げを残すのみとなった。 仕上げが必要な箇所、それはここ!   天板(化粧合板)となんちゃって梁との間にある隙間をコーキング剤で埋めることで目立たなくして、美しい仕上がりにするのだ。   正直なところ、そこまで目立たないので、このままでも良いかとも思う。 […]

 

コーキング剤を塗ったら、マスキングテープをはがしておく。

 

壁紙にニスが染み込んでしまった箇所も見えなくなって、美しく仕上がりました(^^)/

   

 

以上で大体のニス塗りが完了。

 

まだ敷居は未完成だけど、だんだんカタチになってきました。