イナバガレージの内壁に石膏ボードを張り付け!目指せ、インナーガレージ風

イナバガレージの内壁に石膏ボードを張り付け!目指せ、インナーガレージ風

最近、ご近所さんに

「君の年なら、あと10年は未完やな(笑)」

と言われたイナバガレージ改造。

とうとう天井へ化粧合板の張り付けが完了し、一気に雰囲気が出てきた。

 

次は内壁の作成に取り組む。

 

まずは壁の部材を何にするか検討。

以下の理由から石膏ボードを採用することにした。

 

石膏ボードの利点1「壁紙が貼れる」

インナーガレージ風にしたいとか、壁にプロジェクターを投影したいとか考えると、壁紙を貼りやすい素材が望ましい。

石膏ボードは壁紙との相性が抜群である。

 

石膏ボードの利点2「防音性能がある」

ガレージ内で大きな音を出すことも想定し、ある程度の防音効果を持たせたい。

石膏ボードの遮音性は高いとは言えないそうだけど、重量があり、一定の効果は見込める。

 

石膏ボードの利点3「防火性能がある」

ガレージ内で火を使うことも想定し、燃えやすい素材はできれば使いたくない。

もし火事になっても、石膏ボードは水分子が含まれているため、燃焼を抑制する効果があるそうな。

 

石膏ボードの利点4「安い」

部材価格では石膏ボードの安さは比類なきレベルである。

ガレージの壁へ施工するには、それなりの枚数が必要なので、安いのはとても魅力。

 

てなわけで、以前に軽天材へ施工したモノと同じ9.5㎜をホームセンターで購入。

石膏ボードは重くてもろいので、変な力をかけるとカンタンに割れる。

よって、無理に自家用車で運ばず、ホームセンターの軽トラをレンタルした。

積み込みもしてくれるのでありがたい。

 

石膏ボードを張る前に、2×4材を使って立てた柱間に断熱材(グラスウール)を詰め、断熱効果と遮音効果の向上を図る。

 

現状では、壁に棚などを設置するつもりはないが、気が変わっても良いように、下地材として3㎜の合板を設置。

その上から石膏ボードをネジ止めする。

 

石膏ボード用ネジなるものが存在するが、わざわざ買うほどではないと判断、手持ちのコーススレッド(下穴なしで使えるネジ)を流用した。

コーススレッドは、小分けパックだと割高なので、箱買い(1,000本入りとか)がお得。


ただし、調子に乗ってネジ類を箱買いしていると、大量のネジを所有することとなる。

そして私は、妻に「ネジ中毒!」と言われるようになった。

 

コーススレッドはインパクトドライバで打ち込む。

ドライバドリルでも良さそうだが、インパクトの方が速くキレイに打ち込むことができる。

あと、ドリルドライバに負荷をかけすぎると壊れやすいとか何とか。

 

わたしは、ヘッドを交換することで、いろんな工具として使えるマルチエボのインパクトドリル用ヘッドを愛用してます。

 

ネジの頭が少し石膏ボードに埋没する程度に打ち込むのがコツ。

この後の作業で、パテを使って壁の凹凸をなくす必要があるのだが、ネジをやや埋没する程度に打ち込んでおくと、パテ処理が非常に楽である。

 

また、石膏ボードの継ぎ目部分には、下地を入れることで不陸(段差)の防止を図っている。

強度のことを考えると、本来なら継ぎ目は柱上になるように石膏ボードを切り詰めるべきであるが、早い話、切り詰めが面倒なのである。

まぁ壁にタックルしない限り大丈夫だろう。

 

石膏ボードは水に濡れるとダメなのだとか。

よって、地面やブロックに接触しないよう、少し浮かせて張っている。

 

コンセント部分はマルチツール(オシレーティングツール)を使って穴開けし、配線を引き出しておいた。

 

壁を貼ると一気に雰囲気が出てきた。

 

でも、扉周辺はウレタン吹き付けの壁がむき出しのまま。

この壁を見た友人からは「アスベスト!?Σ(・□・;)」とビビられた。。

うーむ、早いところ見えないようにしたな。