イナバガレージ「なんちゃって梁(はり)」の下地処理(ヤスリがけ)

イナバガレージ「なんちゃって梁(はり)」の下地処理(ヤスリがけ)

イナバガレージの梁(はり)を木製っぽくしたい!

これまで、梁をすべて羽目板で覆い、パテで穴を埋めるところまで作業した。

今回は、パテ乾燥後のヤスリがけ作業。

“なんちゃって”な梁をより本物っぽくする重要な工程である。

 

まず道具。

サンドペーパー(紙ヤスリ)は100均でも売っている。

しかし、手作業は気が遠くなるほどタイヘン

ここはサンダーという機械の力を頼ろう。

今回、使ったのはマルチエボのサンダーヘッド

 

マルチエボのセットに含まれていた。

サンドペーパーは、ワンタッチで交換できる。

とりあえず、付属していた目合いの中で最も荒い#80で磨くことにした。


 

それでも大きな段差を無くすには、それなりの時間がかかる。

ある程度の力で押しあてる必要があるため、体力も使う。

 

ひたすら磨く。

一心不乱に磨く。

 

ヤスリがけ前↓

 

ヤスリがけ後↓

写真で見ると大して変わらんな(^^;)

 

この作業、かなりの重労働で、2本の梁をヤスリがけし終わっただけで疲労困憊となった。

そこで、作業効率向上のため、角や大きな段差はグラインダーを使うことに。

店頭に並んでいたグラインダー用のヤスリで最も目の細かい#120を購入。

 

グラインダーは鉄なども切れる強力かつ危ない工具だ。

サンドペーパータイプのディスクとはいえ、ビビりながら扱う。

 

おおおーーー

さすがグラインダー!

ほとんど力をかけずとも、見る見るうちに削れる。

一生懸命、サンダーを使っていたのがバカみたいだ。

 

ヤスリは番号が大きくなるほど目が細かい。

すなわち、サンダーで使用したヤスリ(#80)より目は細かいはずなのだが、比較にならないほどグラインダーの方が削れる。

それほどグラインダーは強力ということであろうか。

 

飛び散る粉塵量もまたすさまじい。

あっという間に全身粉まみれになった。

マスクは必須である。

 

ということで、角についてはグラインダーで比較的すぐに研磨できたのだが、平面の箇所は相変わらずサンダーを一心不乱にかける必要があった。

数日間をこの作業に費やしたが、いまだ凸凹は消え去らず。。。。

 

本当はもっとヤスリがけすべきなのだろうが、きれいに成型というより、梁のゴツゴツをイメージした方が良いという方針転換を行った。

これを世間では手抜きと言う。

 

ヤスリがけしたところは、白く粉っぽくなる。

固く絞った濡れ雑巾で、この粉っぽいのをふき取り、やっと次の工程「ニス塗り」に挑む(^^)/