ガレージの収納スペースに引き戸をつける!その1~枠の取り付け~

ガレージの収納スペースに引き戸をつける!その1~枠の取り付け~

ガレージに収納スペースを設けたい!

雑然としたガレージをスッキリ片付けるため、収納を増やす計画を立てた。

 

ガレージにもっと収納を!その1【構想編】 ガレージにもっと収納を!その1【構想編】 スタイリッシュなガレージにしたい! ガレージでコーヒーを飲みつつ小難しい本を読み、時折庭を眺めて物思いにふける。 意識高そうな休日のひと時、憧れますね。   しかし、我が家のガレージに入ると、そんな幻想は吹き飛んでしまう。 散らかり放題なのだ。   以前、ガレージの一角に隔絶した […]

 

で、途中までは順調に終了。

 

今回はガレージ奥のスペースに収納を設けたい。

収納はむき出しだとゴチャゴチャするので、引戸を取り付けたいところだが、幅が広くて既製品はないため、自作することにする。

まずは2×4材で一部の木枠を作成。

垂直水平に気を付けつつ、2×4材用のLアングルを使って作成した。

当初はこの木枠に引戸レールを取り付けて・・・と考えていたのだけど、ふすま用の鴨居と敷居がホームセンターで偶然安くなっていたので購入。

2×4材より高価だけど、歪みはないし溝も掘ってあるので楽かな。


引き違い用 鴨居 敷居 2本溝

さっそく木枠の大きさにあわせてカット。

鴨居をセット。

かなりシッカリしてて、たわみは無さそう。

このままでも強度に問題は無いように思われたけど、念のためガレージの梁部分にも固定し、石膏ボードを取り付け。

敷居側はすでに2×4材を設置してしまっていることもあって、この上に敷居を取り付けることにする。

まずは2×4材の反りを電気カンナで水平にした。

 

取り付けはネジ止めでも良かったのだが、ダボを使うことにする。

マーキングポンチなるものを購入し、既定の径で穴あけ。

穴にマーキングポンチを突っ込む。

この状態で敷居をのせて押さえ、敷居側の穴あけ場所を確定する。

あとはダボを突っ込んで・・・

 

ボンドをヌリヌリしたうえで貼り合わせ。

 
石膏ボードに壁紙を貼る。

 

壁紙はこれまで幾度となく貼ってきたので、サクッと完成。

 

こうして、とりあえず引き戸の枠ができあがった。

次回は引戸を作成する。