イナバガレージをインナーガレージ風に!壁紙DIY~その1 

イナバガレージをインナーガレージ風に!壁紙DIY~その1 

イナバガレージをインナーガレージ風にしたい

大きな野望のもと、石膏ボードで壁を作った。

 

そしてこの後、作業は大きな山場を迎える。

壁紙貼りだ。

 

私はこの作業に対し、大きな不安を感じている。

強烈な苦手意識があるのだ。

 

話は10年以上前にさかのぼる。

私は、車にプライバシーフィルムを貼りたいという衝動に駆り立てられていた。

車内が見えにくくなる、あのフィルムだ。

 

ネット検索したところ、さも簡単そうにDIYでフィルム貼りをしている事例があったので、意気揚々と着手したのだけど、、、

これが超難しい!

どうしてもフィルム内に気泡が入ってしまう。

カット済フィルムを使ってもダメ、ドライヤーを使っても張り付けるもダメ、何度やってもダメ、

ってことで、これ以来、シートやフィルムを貼り付ける作業に対し、強い苦手意識を持つようになった。

 

壁紙貼りは、まさにこの手の作業であり、できれば避けたい。

壁紙を使わずに、ローコストでかつ美しい仕上がりとなるような壁をつくりたい!

と、考え続けたけど、妙案は浮かばず。

 

覚悟を決め、壁紙DIYに挑戦することにした。

 

壁紙の張り方は、ネット上に情報が豊富にある。

いろいろなホームページやブログで研究した結果、失敗を避けるための戦術は以下の通り。

 

方針① 柄モノは選ばない

無地の方が凸凹が目立つなど、難しいのかと思いきや、全く逆。

柄物の場合は、継ぎ目をピッタリ合わせる必要があり、無地よりも格段に難易度が高いので避ける。

 

方針② 輸入物モノは避ける

海外製の壁紙は良いとか悪いとか、一概には言えないのだろうけど、日本製の壁紙の方が貼りやすいらしい。

幅も広いので、継ぎ目も少なくて済むし。

そもそも、コストも時間もかかる輸入物に初心者が挑むのは無謀。

挑戦するにしてもスキルアップしてからかな。

 

方針③ シールタイプの壁紙は避ける

百均などで、シールタイプの壁紙様のものが売られている。

のり付け不要なので初心者向けかと思いきや、貼り直しができないため、難易度が高い。

はがせる壁紙もあるみたいだけど、コストが高いので却下。

 

 

以上の方針に従い、選んだ壁紙は以下のとおり。

 

メインの壁紙 → 廉価品でロングセラーの白っぽい壁紙

せっかくなので、奇抜な色の壁紙で遊んでみたい気もしたが、コスト優先かつ無難な白っぽい壁紙をチョイス。

ロングセラーの壁紙って、面白みはないけど、安くて貼りやすくて無難らしい。

旧型番がある壁紙は、ロングセラー商品と考えてよいだろう。

なお、織物調の壁紙を選ぶと、厚みがあるので継ぎ目が目立たず、より貼りやすいみたい。 


ガレージ奥の壁紙 → プロジェクター投影用壁紙

ガレージ奥に向けてプロジェクターを設置する予定である。

せっかく広いスペースがあるので、最大限の大きさで投影するとして、150~180インチのスクリーンを準備する必要があるが、そこまでコストはかけたくない

そこで、壁に直接投影するため、プロジェクター投影用壁紙を貼ることにする。

スクリーンを買うことを思うと、かなり安い。


その他、いろいろ試してみたい壁紙もあるのだが、とにかく最初は失敗するリスクを考え、欲張らないことにした。

 

 

ネットで壁紙購入する場合、あらかじめ裏面に「のり」をつけてもらえるサービスがある。

これは壁紙初心者にとっては心強い。

実際、ネットでDIYブログ等を見ていると、多くの方が「のりつき壁紙」を利用している。

壁紙DIYに超苦手意識のある人間としては、当然利用すべきサービスだろう。

最初は、そう思った。

 

が、いざ注文する段階になって、ケチの血が騒ぎ始めた。

 

「のり付き」にするとそれなりのコストアップとなるし、商品到着後は、のりが乾燥する前に施工しなければならないため、基本的に余った分は廃棄になってしまう。

そんなの、もったいない!

 

てことで、気付けば「のりなし」を注文していた(;^ω^)

 

果たしてうまくいくのか!?

続く。。