イナバガレージをカスタム!“なんちゃって柱”をDIY

イナバガレージをカスタム!“なんちゃって柱”をDIY

イナバガレージを改造中。

一角を工具置きスペースとして軽天材で区切り、壁を作っている最中に「カップボードを配置すると良いのでは!?」と思いつき、前回は土台まで作成した。

今回は、カップボード両端に柱を作る。

別に柱が必要なわけではないが、見栄え的に良いかと。

↓イメージ

 

まず、化粧柱とか良い感じになるんちゃう?なんて検討してみる。

、手ごろな値段での入手が難しいこと、加工が大変なことから断念。

 

で、決めました。

見せかけだけの“なんたちゃって柱”にしよう!

 

使うのはローリング用の羽目板

天井を支える柱ではないので、そこまでの強度は不要だが、横からの衝撃に対する耐久性は必要なので、それなりに頑丈で、加工しやすく、安い材ってことで選んだ。

 

これを加工して2枚を組み合わせ、柱っぽく見せる算段である。

二枚の羽目板をΛのようにつなぎ合わせるイメージだ。

 

接合部は、角度をつけて切る必要がある。

マルチエボの丸ノコアタッチメントではこれができないため、わざわざ丸ノコを新たに購入。

この丸ノコ、マルチエボのバッテリーがそのまま使える、という理由で選んだのだが、なかなかの非力さ。

45度の角度をつけて切ろうとすると、良く止まる。

角度をつけての切断は相当な負荷がかかるのだろうけど、結構ストレス。

ただ、非力なおかげで、キックバックが起きにくい。

訴訟大国のアメリカ製なので、事故防止のため、わざとパワーを落としてるのかなぁ?

 

柱は土間に直で建てると、湿気の影響を受けそうなので底部分にはゴム板を固定。

 

とりあえず一枚を立ててみる。

 

裏から見るとこんな感じ。

 

下部はカップボードの土台へコンクリートアンカーを打って固定。

 

上部は軽天材のランナーと固定。

 

同様にもう一枚を設置。

 

2枚の板は木工用ボンドとフィニッシュネイラーで固定した。

 

これだけでも強度的には問題なさそうだが、念のため、裏側にスペーサーとしてフローリングの切れ端を入れて固定した。

これで、ちょっとやそっとの力では壊れないだろう。

 

裏からみると、スカスカだけど、正面から見ると柱っぽくなった。

この後、パテ塗り&ヤスリがけをして、ニスを塗る予定である。

 

なお、カップボードを置くスペースは軽天材で枠を組み、合板を無造作に打ち付けた。

 

ここはカップボードの裏に隠れてどうせ見えないので、まぁこんなとこかな。