イナバガレージに軽天材で間仕切りをDIY(その2)

イナバガレージに軽天材で間仕切りをDIY(その2)

イナバガレージ内に収納を軽天材で作成中。

最初は長方形に仕切る予定だったが、軽天材の取り回しが思いのほか簡単だったので、調子に乗って角を斜めにしてみた。

↓ゴミ屋敷のようなグチャグチャさは無視していただきたい。

 

で、この軽天材部へ壁板を取り付けていく。

 

壁板としてとして使うのは石膏ボード

ホームセンターで販売されている石膏ボードは、厚さ9.5mmと12.5mmの2種類。

9.5mmは天井やマンションの内壁に、12.5mmは一戸建ての壁に多く使われるとのこと。

石膏ボードは、耐火性が高く、防音効果があり、価格も安い!

迷わず12.5mmの購入、のつもりだったのだが、、、

 

軽い気持ちで売り場の石膏ボードを持ち上げた瞬間、その重さに驚愕した。

石膏ボードって、こんなに重いの!?(*_*;

調べてみると3×6尺(俗に言うサブロクばん)の9.5mm厚で10.9Kg、12.5mm厚で14.1Kgもあるそうだ。

 

結局、極力躯体に負荷のかからない9.5mm厚にすることとした。

 

購入したのは「タイガーボード」なる石膏ボード。

裏には虎の絵が描いてある。

吉野石膏というメーカーのモノで、調べてみると国内シェア80%!だとか。

スゴイな。

 

石膏ボードの固定は普通のコースレッドを使用。

軽天材のスタット(柱)に打ち込むので、軽天材用の軽天ネジの方が良いんだろうけどね。


ユニクロ軽天ビス ラッパ 3.5×32 約200本

 

石膏ボード上から柱にネジ止めするのだけど、目測だと何度か誤って柱のないところにネジを打ってしまった。

水平、垂直を目測で見極めるのって、意外と難しいのね。

仕方ないので、レーザー水平器の力を借りて柱の位置を見定めながら作業した。

 

で、途中まで作っていて、ふと思った。

このコーナー部分にカップボードを置きたいなー、と。

続く。。。