フェンスの施工は意外とカンタン!

フェンスの施工は意外とカンタン!

到底無理と思われることでも、やってみると意外とカンタンなことがある。

「自分にはできない」と、知らず知らずのうちに自ら壁を作ってしまう事って、結構あるのではないか。

これが養老孟司の言う「バカの壁」なのだろう(本読んでないけど)。

 

そんなバカの壁に挑んだエクステリア第1作がフェンスの設置だった。

 

当然、ズブの素人なので、不安だらけ。

まずは施工法について、本やネットで予習を行う。

 

その結果、どうやら「支柱を立ててからフェンスを設置」という工法がオーソドックスらしいことが判明した。

そしてキモは、支柱をズレなく一直線に設置すること、らしい。

作業内容を見ていると、これなら自分にもできそうに思えた。

そこで、家の引き渡し前から早々に部材をネット注文。

 

注文したのはでYKK ap ルシアスF02型


手ごろな値段とは言えないので、相当の覚悟をもって購入(^_^;)

支柱も必要本数を購入した。

 

購入は大手のネットショップ。

自分のような個人からの問い合わせにも丁寧に対応してくれた。

さらに、2万円以上の注文だと送料無料だったため、ホームセンターで注文するよりも安い。

そして早い。

注文後、数日で西濃運輸とかペガサス便とか、一般消費者向けというより業者向けの運送会社が配達してくれた。

なお、留守の場合は、勝手に敷地内に放置↓

まぁ、フェンスなんぞ盗んでいく人はいないだろうし、再配達連絡の手間も省けてお互いハッピー・・・

とも思う反面、一抹の不安を感じないでもない(^_^;)

 

さて、それではフェンスの施工である。

まずは支柱をたてるためのモルタルを作成する。

 

フェンスの基礎となるブロック部分には、等間隔で穴が確保されている。

ここにモルタル詰め、支柱を差し込んで垂直になるよう固定する。

 

最初に両端の支柱2本を設置。

設置の際に注意すべきは
・支柱の高さ
・奥行き方向の位置
・垂直
である。

そのうち「支柱の高さ」については、高さ調整用の穴に棒を差し込んで、ブロック穴のふちに引っ掛けることでカンタンに調整可能。

↑写真は後述するルシアスJ01型の支柱。

 なお、上部の丸穴はフェンス固定用、長細い穴は水抜き用の穴である。

 

突っ込む棒は、多少のことで曲がらず、穴に入るものなら何でもよい。

専用の棒も売っているが、プロを目指すわけではないので、これだけのために買うのはもったいない。

うちは農業用マルチを押さえるモノを代用。

なかなか使いやすかった。

支柱の準備ができたら、穴にモルタルを7~8分目まで入れる。

で、支柱を突っ込む。

この時、モルタルが固すぎると支柱が刺さらない悲劇が起こる。

かと言って、水が多くて柔らかすぎるモルタルだと、強度が劣る(らしい)。

理想のモルタルの固さは「雑炊ぐらい」なのだとか

まぁ、シャビシャビの柔らかさにしても、引き抜き強度が低下するだけで、横方向への力に対する強度が大きく低下することはないと思われる。

 

支柱を刺したら、水平器を使って支柱を垂直に補正、添え木などでモルタルが固まるまで保持する。

 

もし、モルタルが多くて穴からあふれたり、少なすぎる場合は、固まる前に調整する。

地味で面倒な作業だが、固まってしまうとカンタンに修正することができなくなる。

 

モルタルが固まるまで1日くらい放置。

 

固まるのを劇的に短くするモルタル硬化促進剤なるブツも売られているが、自分は、のんびりやればよいと思い、使わなかった。

DIY初心者の自分にとっては、むしろ、すぐに固まらない方が良かったようにも思う。

 

両端の2本のモルタルが固まったら、次はいよいよ間の支柱だ。

まず、2本の支柱の間に、水糸を引く。

 

この水糸を目印に支柱を立てていくことで、一直線に支柱を立てることができるのだ。

これをせずに支柱を立てていくと・・・高確率で失敗します。

 

水糸自体は安い。

ここは、手間を惜しまずにしっかり水糸を使いました。

すべての支柱を立て終わったら、横から見て、支柱がズレてないか確認する。

ここで一直線に重なって見えないレベルでズレていると、フェンス施工に支障が出ます。

そんな場合は早急に修正。

 

また、各支柱を正面から見て左右に斜めってないか、も重要。

水平器で垂直を出す方が確実ではあるが、水糸を目安にすることで、自ずと各々の支柱が垂直となるはず。

 

モルタルは1日で見た感じカチカチになるのだが、「完全に固まるには3日ほどかかる」そうだ。

支柱だけの状態を眺めるにつけ、早くフェンスを取り付けたい衝動に駆られる。

しかし、はやる気持ちを押さえ、翌週の週末まで待ってからフェンス本体の取り付けに着手した。

 

フェンスの設置はセオリー通り、端から行う。

 

支柱まで立ててしまえば、あとは「ただ組み立てるだけ」なので難しくない。

 

ただし、支柱がズレていると、うまく連結できないなどの弊害が生じる。

多少のズレなら、ゴムハンマーで叩いて無理やり連結させることができる。

 

ズレが大きいと、波打ったようなガタガタの出来となり、見栄えがすこぶる悪くなる(と予想される)。

さらにもっとズレが大きいと最悪の場合は、連結できなくなる。

まぁ、ちゃんと水糸を張れば、そこまでズレることは無いだろう。

 

完成!

構想段階ではわからないことも多く、

もう外構屋さんに頼もうか…

と何度か思ったが、無事やり遂げられました。

 

【結論】

やっぱりフェンス施工のキモは支柱の設置」

なお、万一失敗した場合は、、、

“はつり機”でモルタルを破壊し、支柱設置をやり直すこととなります。

どんな困難が待ち受けているのか知りたい方はこちらご覧ください