モルタルを作ろう!

モルタルを作ろう!

セメント、モルタル、コンクリート…

これらは似て非なるものである。

が、当初は何が違うのかわからなかった。

 

DIYで言う「セメント」とは、水と反応して硬化する「ポルトランドセメント」を指す。

 

このセメントに砂を1:3(重量比)で混ぜたものがモルタル

さらに、6の割合で砂利を加えるとコンクリートになる、と何かでみた。

 

しかし、ある人は

「コンクリートは1:2:3だ」

とか言うし、

1:3:3だ

と言う人もいる。

 

結局のところ、

モルタル = セメント+砂

コンクリート = モルタル+砂利

という呼称なのであって、

「環境条件や用途などに応じて、適した配合比率はいろいろ」

ってことかと思われる。

 

 

セメント単体でも固まるが、砂や砂利をあえて混ぜるのは「セメント単体では、強度がない」ためである。

セメントに混ぜる砂や砂利のことを骨材と言い、これを加えることで強度が格段に向上する。

ただし、流動性が損なわれ、作業性や充填性能が低下する。

 

例えば、タイルの張り付けには、セメントに水を加えて練り、ペースト状にしたもの(ノロ)を用いる。

タイルへの密着性が損なわれるため、骨材は入れない。

そもそも張り付けるだけの用途であり、高い強度は求められないためである。

 

一方、ガレージを作るような場合は、高い強度が必要となる。

よって、骨材多めに加えたコンクリートを打設する必要がある。

 

 

初めてモルタルを使うDIYに挑戦する時、本当に硬化するのか心配だった。

今から思えば「何でそんなことで」って感じだが、とにかく最初ってのは当事者でないとわからない不安があるのだ。

 

そんな初心者の強い味方が「インスタントモルタル」や「インスタントコンクリート」である。

これらは、セメントに骨材(砂や砂利)が混ぜられた状態のモノで、水を加えるだけで使える。

 

当初はとりあえずコレを使っていた。

 

 

ただし、これは明らかに割高

 

今はもっぱらセメントや砂など、それぞれを購入して自分で混ぜている。

 

セメントは素手で触ると肌が荒れると言われる。

最初はビビッて厳重な防備にて臨んだが、慣れてくると平気で素手で取り扱ったりする。

YouTubeを見ると、プロ?のような人も素手だ。

 

当初は、それでも肌が荒れることはなかった。

 

が、あるときを境に手が激しく荒れるようになった。

セメントは水分と反応し、強いアルカリ性を呈する。

やっぱり、防水性の手袋をして作業した方が良いってことを身をもって経験したわ(;^ω^)

なお、手袋は湿気がこもらず、水は通さないっていう透湿防水がオススメ。


セメントと砂と水を混ぜ、モルタルを作るときは、バケツのなかでスコップを使って混ぜている。

 

バケツは普通のものだと、すぐに破損するため、土木作業用の専用バケツを使う。

深緑色の頑丈なバケツで、その名も「強靭バケツ」という。


 

スコップは100均スコップを使用。

モルタルスコップ鏝っていうモノも売ってるけど、あえて買うほどでもないかなと

 

それなりの量のモルタルが必要な場合は、強靭バケツとスコップでは効率が悪い。

そんな時に活躍するのがトロ舟


 

そして練鍬(ねりくわ)である。


トロ舟も練鍬も、それほど高くない。

これで、バケツの時よりも比較的楽に多くのモルタルやコンクリートが作成可能。

 

しかし、しょせんは人力のため、まとまった量を作ろうと何度も繰り返すと、かなり疲労困憊となる。

普通の人なら、3回ほどが限界であろう。

 

そこで、機械に頼れないかいろいろ調べてみた。

まず頭に浮かんだのはこれ。

コンクリートミキサー

Amazon  楽天市場  Yahoo!

もしくはモルタルミキサー

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

これなら楽にたくさんのモルタルやコンクリートが作れる。

問題は、「まぁまぁ良いお値段」、そして「保管場所がいる」こと。

特に、しょっちゅう使うものでもないのに保管場所を取られることには抵抗がある。

 

悩んだ挙句、たくさんモルタルを作る時だけ「ホームセンターでレンタル」するのがベストという結論に達した。

 

でも、ちょっとした量を作る場合も、やっぱり機械で楽したい!

ってことで、パワーミキサーPM-851 かくはん機で購入した。


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

文字通り、撹拌する機械。

手軽に使えて、手で混ぜるよりもだいぶ楽。

「ミキサー使うほどじゃないけど手で混ぜるのはしんどい」

というシーンにピッタリな機械だ。

ただし、周りにモルタルが飛び散りやすい、押さえるのに力がいるという難点あり。

まぁ、概ね気に入ってます。

 

追記 : その後、物欲を抑えきれずコンクリートミキサーを購入しました。

おかげで撹拌機を使う機械は減りました。

まぁ、撹拌機もあると便利なのは確かです。