バッテリー変換ツールでB&Dのバッテリーをマキタで使いたい

バッテリー変換ツールでB&Dのバッテリーをマキタで使いたい

工具のバッテリーを統一したい!

そんな願望を持つ人は多いのではなかろうか。

電圧に違いがある場合はしゃーないけど、同じ電圧のバッテリーを何種類も持つなんてわしいし、コスト的にも負担が大きい。

 

統一規格にしてくれたらいいのになぁ。

 

・・・と叶わぬ夢をみていても仕方ないので、なるべくバッテリーの種類を増やさないよう、我が家のバッテリー駆動工具は、マキタBLACK&DECKER(ブラックアンドデッカー)に限って購入するようにしている。

ホントはどちらかに統一したいくらいだが、一長一短があるんよね。

 

なんて思っていたら、↓こんなブツを発見した!

BLACK&DECKER(ブラックアンドデッカー)のバッテリーをマキタタイプに変換するアダプターである。

これぞ求めていたものだ!!

てことで購入。

 

完全な非公式ツールだけあって、マニュアルは英語。

まぁ、読む必要はないかな。

 

でも、サラッと重要なことが書かれてたら嫌だなぁ、、、

てことで、Googleレンズで翻訳させる。

スマホで撮るだけで瞬時に翻訳やら検索やらしてくれる便利なアプリである。

スゴイ時代になったもんだ。

 

結果、重要な記載事項としては、

このアダプター使って充電したらダメ

ってことぐらいだった。

 

この理由はアダプターを見ればすぐわかる。

異種バッテリーを変換しているのだから当然なのだが、通信ターミナルがないのだ。

その代わり?USB端子がおまけされている(^^;)

 

↓こちらがマキタ純正バッテリーについている通信ターミナル。

 

そしてアダプター表面には、バッテリーの温度異常を検知するためのサーマル端子があるが、裏面を見るとバッテリーへのサーマル端子接続がされておらず「電源だけ」を取り出す構造となっている。

これではバッテリーの温度異常を検知できないのは明白であり、もしアダプターを装着したまま充電できたとしても危険すぎ。

 

てことで、アダプターを装着して充電してはいけません!

てか、通信ターミナルがないので、物理的に充電できない気もするけどね。

 

なお、非正規品バッテリーは発火トラブルが度々話題となっていて、さすがのケチな私も怖くて使っていない。

このアダプターも同じようなものだが、バッテリーの異常発熱などのトラブルは主に充電時に発生する。

放電時(工具使用中)は、よほどムチャな負荷をかけない限り大丈夫だろう。

 

 

では、このアダプターを実際に使ってみよう。

 

我が家での、マキタバッテリーの主な用途は掃除機グラインダーである。

このうちグラインダーで使ったバッテリーは、瞬く間に粉塵まみれとなる。

よって、掃除機に使うときは、そのままでは室内へ持ち込むなんてご法度、フキフキしないといけない。

これが地味にストレス。

 

グラインダー専用にバッテリーを買えば話は早い、そこまでは踏み切れない。

マキタのバッテリーって高いんよね。

 

そこで、このアダプターの出番である。

BLACK&DECKER(ブラックアンドデッカー)のバッテリーをマキタ形式に変換して使用するのだ。

BLACK&DECKERの標準的なバッテリーの容量は1.5Ah、よく使われるマキタバッテリー(3.0Ah)の半分くらいの厚みである。

 

今回購入したアダプターは、このBLACK&DECKERのバッテリーと同じくらいのサイズ感。

 

よってアダプターにバッテリーを装着すると、マキタ(容量3.0Ah)と同じくらいの大きさになる。

2つを並べると、↓こんな感じだ。

 

アダプターのバッテリーへの装着は、工具に取り付けるのと同じ要領。

バッテリーをアダプターにスライドさせてセットする。

 

マキタのグラインダーにセット。

試しにタイルを切ってみたら、問題なく使えました。

 

バッテリーサイズは従来のマキタのモノと大差ないので、特に違和感なく使える。

むしろ軽くなって扱いやすいくらい。

 

 

BLACK&DECKER(ブラックアンドデッカー)自体は世界最大の電動工具メーカーで、信頼性は高く、純正バッテリーはマキタより安い。

基本はアダプター使ってBLACK&DECKERのバッテリーを使うようにしよかな。