USB端子付きコンセントプレートの導入

USB端子付きコンセントプレートの導入

最近、USB電源を使う機会が多くなった。

携帯電話の充電はもとより、デジカメや携帯扇風機、Wi-Fi等々、低電圧機器は「何でもかんでもUSB!」という時代に我々は突入したのかもしれない(大げさか)。

 

これまで、低電圧機器は各々に専用のDCアダプターが必要だったが、USB電源に共通化されたことで、アダプターの使い回しが可能となった。

もし、USB電源がコンセントのように壁にあれば、アダプター自体が不要となり、より便利かつスタイリッシュになる。。。

世の中にはそれに応えるブツが販売されている。

これとか

パナソニック コスモシリーズワイド21

 

こんなブツだ。

埋込 USB供給用コンセント

でも、ちょっと高いのよね…

という事で、アマゾンで海外製を購入。

 

ババーン!

なんと、コンセントもUSBも使える欲張りな仕様である。


Decdeal 埋込式 USBソケットプラグ

 

125Vという表示に少しビビるが、電源電圧がそのままダイレクトに反映されるので心配ご無用。

日本では100V前後の一般的なコンセントとなる。

ちなみに、アメリカの電源電圧は120Vなんだそうな。

勉強になりました。

 

 

取り替えるのは、キッチン裏のカウンターにあるコンセント。

ここにはリモコンのクレードルを置いていて、USB電源が常に必要である。

 

現状では写真のようにUSBアダプターをコンセントにさして使っている。

全くもって、スタイリッシュでない。

 

コンセントの取り替え作業は、基本的にスイッチの取り替えと同様である。

 

まず既存のコンセントを取り外す。

新たに取り付けるコンセントは、ネジで電線を止める方式。

 

アースもあるけど、とりあえず接続しない。

 

 

パナソニック等の日本製のコンセントだと、穴に電線を突っ込めば良いだけだが、今回のブツはネジ止めするときに感電の危険性があるので、念のためブレーカーを落として作業する。

なお、固い話をするとコンセントの取り替えも、やっぱり電気工事士の資格が必要。

 

ここのコンセント固定には引っかけ金具が使われている。

よって新しくつけるコンセントも同様に、引っかけ金具で固定するのだが、コンセント本体がけっこうデカいため、取り付けにくかった。

 

↓引っかけ金具(石膏ボードを挟み込んで固定する)

 

なんとかついた~!

 

こうして、USB電源が簡単に得られるようになりました(^^♪