駐車場が暗い!カーポートに人感センサーライトを取り付ける【その3】

駐車場が暗い!カーポートに人感センサーライトを取り付ける【その3】

駐車場が暗い!

そんな悩みも今は昔。

カーポートに照明をDIYした後、不自由を感じることはなくなった。

 

取り付けた照明は2つである。

100W相当の『明るめタイプ』を選んだこともあって、既に十分な明るさが確保できてはいる。

が、当初は4つ照明を取り付けるつもりだったため、既にあと2つ購入してしまっていて、このまま使わずにお蔵入りさせるのはもったいない。

 

ってことで、照明の追加工事を行うことにします。

 

今回の取付イメージは↓こちら。

 

取付方法は、前回と同じ要領だ。

 

照明の配線を模式図で示すとこんな感じである。

 

まず、取付位置への穴あけ

電動ドリルに金属用のビットを装着、小さめの穴から段階的にあけていく。

上を向いての穴あけ作業は、ドリルで削り取ったアルミ片が降ってくるので、目に入らないよう、保護メガネが必須である。

ナメていると、けっこう危ないです。

 

電動ドリルは、前回に引き続き、↓コレを使用。

安いのに良い仕事します(^^♪


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

金属用のドリルビットは、ドリリングオイルを使うよう心がければ、安いモノでも大丈夫。

100均のビットでも使えなくはなかった。

 

ただ、トータルで考えると、セットのチタンドリルを買った方が100均よりも、結局は安く済む。

穴あけも楽だし。

ってことで、私は↓コレを愛用してます。

鉄工用ドリル刃セット チタンコーティング 19本組

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

 

無事、穴あけ完了。

 

次に、梁の側面フタを外す。

カーポートは三協アルミの『マイリッシュOK(後継機はスカイリード)』という機種で、フタはネジ3本で固定、コーキング処理されている。

はずなのだが、コーキングされてなくてカンタンに取れました…(´・ω・`)

 

 

フタを外したら、そこから通線ワイヤーを使って、VVFケーブルをアルミ支柱(梁内)に通す。

通線作業は何度やっても時間がかかる。

シリコンスプレー を使ってケーブルを滑り良くした状態で作業するのだが、なかなか思うようにいかない。

 

 

小一時間ほどかけて、やっと通せました。

 

次に、取り外したフタにホールソーで穴あけする。

前回は木工用のホールソーで穴あけしたけど、今回は金属用ホールソーを使用。

 

金属用は、使用頻度が少なそうなので、購入を躊躇していた。

しかし、別件でどうしても鉄板に穴あけしたくて、思い切って購入してしまった。

って言っても、こちらもセットで購入するとそこまで高くない、かな。

ホールソーセット 金属合金 木工穴あけ対応 13本セット


Amazon  楽天市場  Yahoo!

この金属用ホールソーは、ご丁寧にひとつひとつケースに入っていて、そのすべてに同じサイズの六角レンチが付属している。

六角レンチなぞ、1本あれば十分と思うのだが、そこをコストカットするという概念はないらしい。

なお、アマゾンのレビュー見ると、「ケースがショボくて、すぐ割れる!」みたいなレビューがいくつか見られたが、届いたモノもご多分に漏れず割れてました(笑)

ホールソー自体はシッカリした作りのようなので、ケースはまぁ良いのだけどね(;^ω^)

 

 

穴あけしたフタに露出用丸型ボックスを取り付け、配線を通してフタを再度取り付ける。

コーキングも忘れずに行った。

 

で、電源ケーブルをVE管に通し、電源ボックスへつなぐ。

電源ボックスは既に前回設置している。

 

VE管よりもフレキシブルなPF管の方が設置しやすいが、ここは耐久性と見栄えを重視した。

 

配線は、可能な限り支柱内を通す手もある。

しかし、カーポート本体には、可能な限り穴あけしたくないという心理と、そもそも面倒って思いからやめた。

 

支柱の根元から電源ボックスにつなぐVE管は、砂利の下に隠して設置する。

浅すぎて見えてしまうとカッコ悪いので、できるだけ砂利をどかしてから敷設。

 

電源ボックスへの接続など全ての配管が接続できたら、砂利をかける。

作業途中で砂利をかけてしまうと、作業によってVE管砂利の上に上がってしまってやり直す羽目になる。

 

照明の台座を設置してコーキング処理したら、、、

 

照明を取り付けます。

 

完成!

まぁ、早い話が前回の照明取付と同様の作業でした。

 

 

夜になってから、動作確認を行ったところ…

つきましたー!!

こりゃ明るい!

 

全4灯のうち、センサータイプは2灯。

センサー照明の直下から半径3m程度が感知範囲となっている。

やや狭い感が否めないけど、広範囲を検知しすぎると、ご近所さんへの迷惑につながる可能性もあるから、まぁ妥当なところかな。