ウッドデッキ風タイルデッキDIY②~タイルはがし~

ウッドデッキ風タイルデッキDIY②~タイルはがし~

今回はタイルはがし作業を行う。

タイルをはがす理由、それは、、、

タイルデッキ延長に伴って埋没する箇所のタイルをはがして再利用するためである。

 

手順としては、タイルの基部にチゼル(たがね)をあてて、金づちでたたき、剥離させるというものだ。

SK11 リフォームチゼルR 40mm

Amazon  楽天市場  Yahoo!

チゼル(たがね)は、コンクリートやブロックなどのハツリ作業に使われる工具で、外構DIYでは重宝する。

 

タイルを割らずに剥離させるには、数ヵ所にわけてチゼルを入れるのがコツ。

一ヵ所だけでではがそうとすると、高確率で割れます。

 

なお、使用しているタイル「ヤングギャラリー」は、とても欠けやすかった。

タイルをはがす際の衝撃で、目地と一緒に隣のタイルが欠けるという現象が頻発するのである。

 

予防策としては、あらかじめグラインダーで目地を寸断しておけば良いのだが、グラインダーでタイルまで傷付けないよう慎重に作業する必要があり、とても面倒くさい~(*´ω`*)

そして、なかなか強固に貼り付けてあるおかげで、割らずにはがせる確率が低い。

面白いようにパリパリ割れる。

 

タイルを再利用するには、当然、綺麗にはがす必要があるため、ケチの精神を活かして、できる限り再利用できるよう奮闘したのだが・・・

効率が悪すぎる!という結論に至ったので、ほとんどのタイルをはがさずに埋没させてしまうこととした。

 

タイルをはがそうとして断念した結果の光景がこちら。

この光景を見た妻が、「新築のマイホームを破壊した!」と衝撃を受けていた。

当の本人は、どうせ埋めてしまうので何とも思っていなかったのだが、確かに今この写真を見返すと、なかなか悲惨な光景である。

 

 

なお、ステップ部分のタイルは、単なる付け足しをすると、タイルの切れ目(目地部分)がそろってしまい、「いかにも 付け足しました」感がでてしまう。

 

そこで、切れ目を目立たなくするため、一部タイルをはがしてタイルを貼り代えることで、目地が一直線にならないようにした。