イナバガレージの断熱DIY!ガレーディアを発泡ウレタンで断熱処理する

イナバガレージの断熱DIY!ガレーディアを発泡ウレタンで断熱処理する

スチールガレージは夏熱く、冬寒い。

そして結露がすごい!という声が多い。

ご存じのとおり、結露は暖かい空気が冷たい壁などで冷やされて起こる

 

うちのガレージは、まだ結露したことはない。

しかし、鉄板1枚で内外を隔てているという構造上、冬場に内部が暖かくなれば、結露は避けて通れない現象と思われる。

 

結露を防ぐには暖かい空気が急激に冷やされないよう、断熱性のあるもので外気と内気を隔てる必要がある。

 

結露防止の対策としては、まず、「結露軽減材」なるオプションの採用が考えられる。

しかし、この結露軽減材、古い物置を見ると劣化してることが多いので、私の中では「劣化しやすい」イメージ。

そもそもイナバガレージでは採用できないオプション扱いのような…(公式カタログでは、物置のオプション)

 

ネット上で、スチールガレージの断熱処理について調べると、いくつか先人たちの事例を見ることができる。

皆さん、色々と工夫されていて参考になる。

大体の方が使っているのはスタイロフォームという高密度の発泡スチロールみたいな断熱材だ。

 

自分も先人にならい、スタイロフォームによる断熱を検討。

試しに1枚購入し、柱の土台として使った角材と壁との隙間に押し込んでみた。

 

良い感じである。

こんな感じで壁全体にスタイロフォームを張っていく…

つもりだったけど、、、

 

事前の下調べ段階で

「スチールガレージは結露との闘い」

という偏った認識が芽生えていた私は、

 

「スタイロフォームとガレージ壁の間に結露が生じるのでは!?

と、疑心暗鬼になってしまった。

 

スタイロフォームを完全に壁全面へ密着させれば、理論上は問題ないけど、そんなことは不可能。

てことは、内部結露の危険性があるのではないか!?

内部結露は、カビやらサビやらの原因になるやん(-_-;)

 

そこで思いつきました。

発泡ウレタンを壁に直接吹き付けよう、と。

 

発泡ウレタン断熱は、ハウスメーカーや工務店でも採用されている断熱処理のひとつである。

「発泡ウレタンは断熱効果が高い!」と宣伝していることも多い。

大手ハウスメーカーは、グラスウールを断熱材として使う傾向にあるが、これは品質が均一で、施工しやすいためであろう。

 

正直なところ、発泡ウレタンがグラスウールよりも断熱材として優れているのかどうかは、わからない。

が、ウレタンはスチールガレージの壁とピッタリ密着するため、結露対策としては有効である。

 

さっそく、発泡ウレタンをネット検索。

いろいろな種類が販売されているのだが、容量が多くて比較的安いモノを深く考えず購入。



 

これを壁に吹き付けることにする。

説明書きを読むと、どうやら1回使いきりらしい。

 

ウレタン断熱の施工と言えば↓こんなイメージである。

 

写真のイメージ、すなわち「トリガーを引いたら勢いよく壁にウレタンが吹き付けられ、壁がモコモコになる感じ」を想像しながら、トリガーを引いた!

 

のだが・・・

結果は、まったくイメージと異なっていた。

 

確かに「モコモコモコ」っとウレタンが出るのだが、まったく勢いがない!

「吹き付け」のイメージとは程遠いのである。

 

モコモコ出てくるウレタンは恐ろしく粘着性が高い。

よって、いったんは壁に付着するのだが、すぐに大部分が自重で下に落ちてしまう。

一生懸命壁に擦り付けてみるも、ほとんど下に落ちてしまった。

半ば、やけくそ気味で一缶を使用した惨憺たる結果がこちら↓

 

他にもいくつかの種類のウレタンフォームを試してみたけど、どれもモコモコと勢いがない。

もっとブシャーっと出るイメージだったのだが…

 

そして悟った。

そもそも商品名が「発泡ウレタンスプレー」ではなく、「発泡ウレタンフォーム」であることからもわかるように、吹き付け施工ができるような代物ではなかったのだ。

 

 

ウレタンフォームは、高級品ではないが、それなりのお値段。

これでは損失が大きすぎる。

早々にスプレー缶タイプには見切りをつけた。

 

で、購入したのがプロが使う2液ウレタン。

2液ウレタンは褐色の体に悪そうな匂いのするA液と乳白色のB液を混ぜることで発泡、硬化するウレタンである。

温度管理や取り扱いが面倒とされ、かつ高価だが、吐出直後は液体状なので、吹き付け施工が可能。

1液ウレタン(スプレー缶タイプ)よりも速やかに硬化し、少し固めのウレタンが出来上がる。

 

2液ウレタンのうち、最もお手軽なのは、ABC商会が販売している IP30NFである。

ただし、天井吹き付け不可とのこと。

壁面部分だけなら、これを使うのだけどなぁ。

ABC 二液型簡易発泡ウレタン エアゾールタイプ IP30NF 

 

やるからには、天井も施工したいので、ここは思い切ってプロ用を購入。

量が多いってこともあるが、高い。

【メーカー直送】ABC 二液型簡易発泡ウレタン(スタンダードタイプ)


 

なお、後述するが、消費期限の切れたブツは多大な損害を生じる危険があるので注意。

消費期限内の新品を買うことをオススメする。

 

施工の最適温度は 25℃~35℃とのことなので、気温が低いときには湯銭をしてあたためる。

さらに良く振ってから使用しなければならない。

ボンベ自体が大きく重いため、結構な重労働だ。

 

2液のウレタン原料液は、吹き付けるガンの先端部分で混合される構造となっている。

 

2液混合タイプの特徴は、なんと言っても硬化時間の短さ。

吹き付けて数分でカッチカチになる。

これが1液タイプだと、何時間も経たないと硬化しない。

 

よって、2液混合タイプの作業中に10分でも中断すると、ガンの先端内部でウレタンが硬化してしまい、使えなくなるので、再開するには、先端部分の交換を行う必要がある。

それを見越してか、交換部品がたくさん付属しているので、しょっちゅう作業を中断しない限り使いきることはないだろう

なお、先端部分の接合部がウレタンで固着してしまわないよう、付属のグリスを塗っておく必要がある。

 

先端部分の形状は充填用吹き付け用の2種類がある。

切れ目の入った青色の先端の方が吹き付け用。

充填用(緑)でも吹き付けできなくはないが、一度に吹き付けられる面積が狭くなる。