玄関掃除はめんどう!屋外で掃除機を使いたい!!

玄関掃除はめんどう!屋外で掃除機を使いたい!!

玄関は油断するとゴミがたまる! 

頻繁に掃除したら良いんだけど、メンドクサイ。

来客などのきっかけがあれば掃除するのだが、部屋の中と違って、ホウキでの掃除を余儀なくされるのが嫌なのだ。

 

 

そして思った。

掃除機を使いたい!

屋外用の掃除機があれば、倉庫の中も掃除できるし、DIYの時の集じん機としても使えますやん。

 

 

よし!安い掃除機を買って、屋外で使おう!

 

我ながら、いいこと思いついたなぁ(✷‿✷)

そう自画自賛しつつ、安い掃除機のネット検索を開始したのだけど、、、

家庭用では問題がある!らしい。

 

使えなくはないけど、頻繁にフィルター掃除をしないとモーターに負荷がかかって壊れる恐れがあるのだとか。

室内掃除と違って、砂やチリが大量に吸引されるためだ。

 

仕方なく、家庭用掃除機の屋外使用の案は諦めた。

でも、掃除機を買うモードに入っていたので、もはや抑えが効かない。

こうして私は業務用の集塵機を購入したのであった。

マキタ(Makita) 集じん機(粉じん専用) 15L VC1530

購入したのはマキタ製の集塵機。

はっきり言って、安くはない。

が、安価なのは「吸引力がすぐ落ちた」とか酷評されてることが少なくないので、安心をとって奮発したのだ。

 

なお、似たような業務用掃除機に、液体でも吸い込める乾湿両用タイプってのがある。

マルチ機能好きなシロウト感情としては良さそうに思えたけど、細かい粉塵は排出されてしまうらしいので選ばなかった。

 

 

集塵機は、工作機械に接続して使うのが一般的。

掃除機のように使うには、別途、持ち手のパイプ部分を購入する必要がある。

これが地味に高い。

ノズルホースセット品 A-33102


これだけで、安物掃除機に匹敵する値段である。

こんなのボッタクリじゃねーのか!?

と、考えてしまったが、実際に使ってみると、、、

 

金属製でシッカリしているのに、軽い。

誤って踏みつけても割れる心配がなくてヨロシイ。

高いだけの価値はあるな。

 

 

これらを組み合わして、業務用掃除機のできあがり。

この「いかにもパワフル」な見た目に期待が高まる(◔‿◔)

 

さっそく掃除開始!

おお!これは楽チン!!

部屋掃除の感覚で土間掃除ができる。

 

これなら、ホウキと違ってホコリが舞うことはない。

下駄箱下の空間だって難なく掃除ができる。

 

 

外も掃除機がけ。

小石でもガンガン吸いこめる。

こりゃエエわ。

 

 

集塵機は、家庭用掃除機と比べると「吸う力」が弱いらしい。

空気中に舞う「切りくず」を吸い込む用途の機械であるがゆえに、多量の空気を吸い込むのは得意だけど、吸い上げる力は弱いのだとか。

 

掃除メイン、集じんは時々という使い方をしたい身としては、できるだけ吸引力の高い集じん機が欲しいところだ。

 

マキタ公式ホームページを見たところ、現行機で吸引仕事率が最も大きいのはハイブリッドタイプの320w(コンセント使用時)。

当初、これならバッテリーでも使えていいなーと思ったけど、、、

高いの。

 

バッテリーは使えなくて良いから安いのが欲しい!

そう思ったのだけど、最近のマキタは、バッテリータイプを中心に展開する方針みたいで、純粋なコンセントタイプは絶版となっているようだ。

 

ってことで、今回は型落ち品ではあるが、純粋なコンセントタイプを購入したのだった。

購入した集じん機吸引仕事率は220W

現行機(ハイブリットタイプ)には劣るが、家庭用掃除機と比べても強い。

 

参考までに、掃除機界の雄「ダイソン」DC48吸引仕事率170Wである。

Dyson DC48

 

運転音は61db。

使ってみた感じは、一般的な掃除機と同じ音量って感じ。

集塵機としては、静か。らしい。

 

ホースは5m!

長い!こんなイランわ!!邪魔やん。

と最初は思ったけど、実はけっこう便利。

本体を引っ張って移動せずに広範囲が掃除できる。

 

 

もちろん、集じん機本来の用途として、丸ノコ等に取り付けて使用することも可能。

これで駐車場に粉をまき散らすことが無くなりそうだ。

 

 

本体には、1050Wまでの機器を接続できるコンセントがついている。

ここに丸ノコのコンセントを接続すれば、丸ノコのON/OFFに集じん機を連動させることができる。

 

 

本体のヘッド部を外すと、パウダーフィルターがある。

 

 

さらにその下にはダンパとプレフィルター。

 

 

その下がゴミの集積スペースとなっていて、ゴミ袋を設置する構造となっている。

 

 

純正品のゴミ袋は厚手だが、気兼ねなく交換できるよう、薄くて安い45Lゴミ袋を使っている。

あまりゴミをため過ぎると、フィルターに負荷がかかるからだ。

 

 

フィルターへの粉じん密着防止のため、「起動でプレフィルターがギュッと密着、停止でパッと戻る」という構造となっている。

これを「ギュッパフィルタ」という。

この機能のおかげなのだろうか、今のところ使っていて吸引力が低下したと感じることはない

 

以上、今のところ、この集じん機に対する大きな不満はない。

 

ただ1つだけ、ノズル部分の収納には難あり。

毎回、別の場所に保管するのはメンドウなので、モップキャッチなるものを取り付けた。

 

 

モップの太さに対し、キャッチが小さかった気もするが、とりあえず使えてます。


以後、↓こんな感じでの収納が可能となりました。