メルシー!子供の鼻詰まり対策の味方「メルシーポット」をバッテリー駆動に

メルシー!子供の鼻詰まり対策の味方「メルシーポット」をバッテリー駆動に

親に鼻水を拭き取られるのは痛い!

幼い頃の数少ない記憶のひとつだ。

 

「拭き残しの無いように」という思いから、強く拭いてくれたのだろう。

と、親の立場になった今思うところである。

 

鼻水は取り除きたいけど、痛い思いをさせたくない!

 

そんな親心に応えてくれるオススメが電動で鼻水を吸引できる機械だ。

その名は「メルシーポット」

Baby Smile 電動鼻水吸引器 メルシーポット S-503


Amazon  楽天市場  Yahoo!

※2021年6月に【NEWモデル】メルシーポットS-504がでました。
デザインの変更と動作音の低減が図られたようです。



 

 

0ヶ月~ 新生児から使えます!

お手入れラクラク、かんたん操作、家族で使える、国内・海外兼用、パワフル吸引 -83KPa と魅力的な文言が並ぶ。

 

 

箱の中身はこんな感じ。

なんかユルい感じの小冊子「はじめての鼻水吸引マニュアル」がついている。

 

 

この小冊子、けっこうツボで、いきなり読みふけってしまった(笑)

 

 

 

使い方はカンタン!

電源をON → つまみを押さえて数秒待つ。

 

 

で、ノズルを鼻に挿入。

つまみをパッと離せば、ブボボボボーっと鼻水が吸引される。

コリャすごい。

その威力たるや手動タイプの比ではない。

耳鼻科でジュボーっと吸い取られる時の感覚だ。

 

 

動作音はまあまあ大きい。

子供は怖がるかな~と思ったけど、最初こそあっけにとられていたものの、すぐ慣れた模様。

今では、鼻がつまると自らリクエストしてくる。

 

鼻が詰まった気持ち悪さから一瞬で解放されるのが爽快なようだ。

なお、マニュアルには、「まず親が試してみると良いよ」とある(笑)

 

 

使い終わったら、吸引ボトルを洗浄する。

簡単に本体から取り外せる構造となっている。

 

 

かくして「メルシーポット」は、我が家の生活必需となったのであった。

 

が、ひとつ難点がある。

「コンセントのある場所でしか使えない」のだ

 

電動なので当たり前なのだが、外出先などの電源確保が難しい場所では使えないし、コンセントから離れている場所だと延長コードが必要でわずらわしい。

 

そういう時のため、チュチュベビー 鼻吸い器 鼻水キュートル 2WAYタイプなるモノも持っているんだけど…

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

これ、手動ポンプと口吸いの2WAYに対応していて便利そうだが、電動に慣れてしまうと不満が多い。

吸える量が圧倒的に少ないうえに、鼻に突っ込む向きが悪いと痛いのだ。

また、口で吸うのはいで使うのは、二次感染リスクがあるし気分的に嫌。

 

薬局等では、手動タイプばかりが売られていて、愛用者も多そうなので、あまりブーブー文句を言うのは気が引けるが、やっぱり電動タイプがいい!

 

そうだ!

電動タイプをポータブルで使えるようにしよう!

 

こうして、ポータブルメルシー計画が始動したのであった。

 

まず、メルシーポットの電源を確認する。

電圧12V、電流1.5A、5.5×2.1mm端子という、ごく一般的なDCアダプターが電源である。

 

 

これすなわち、本体の入力部からDC12V、1.5A以上の電源を入力すれば良いってことだ。

 

 

我が家にはマキタのハンディ掃除機があり、そのバッテリーが複数ある。

今回は、このマキタ純正バッテリーを活用する。

 

純正バッテリーは高いけど、「粗悪なバッテリー互換品による火災」がクローズアップされたこともあって、うちでは純正を使ってます。

火事になったら嫌だから(^_^;)

マキタ18Vバッテリーと急速充電器

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

まず、バッテリー電圧が18Vなので、18Vから12Vへ変圧するDC・DCコンバータが必要を探す。

 

純正品ではないが↓こんなのを発見。

【12V出力搭載】マキタ USB アダプターJPV059


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

マキタの18Vもしくは14.4Vバッテリーを、DC12VとUSB 5Vに変換できる機器である。

LEDライトも付いている(使わんけど)

 

純正品じゃないけど、変圧自体は単純な技術なので、まぁ問題ないだろう。

 

さっそく注文。

 

翌日にブツが到着した。

早い。

 

 

とりあえず、バッテリーを装着。

LEDは問題なく点灯。

 

 

本命の12V出力は側面にある。

一般的な5.5×2.1mm端子だ。

 

 

この端子とメルシーポット本体の端子とをつなげばOK。

 

つなぐケーブルは↓こちら。

2本も要らないんだけど、一番安かったので(;^ω^)

汎用ACアダプター用出力DCプラグ変換アダプター (オスI型⇒L型変換, 2点セット)

接続!

 

 

電源を入れると、無事動きました~!

 

バッテリーは、本体と一体化できないか検討中。

ひとつにできれば、どこへでも片手で持ち運びできて便利になりそうなんだけど、バッテリーが脱落しないようシッカリとした固定が必要である。

良い固定方法を思いつくまで、とりあえず暫定的にこの状態で使ってます。