【検証編】灼熱地獄!ダイワハウスの屋根裏に換気ファンを設置する

【検証編】灼熱地獄!ダイワハウスの屋根裏に換気ファンを設置する

  前回、屋根裏換気システムが完成した。

主に夏場、灼熱地獄と化す屋根裏から排熱、室温の上昇を抑制するシステムである。

 

 

 

いや~苦労して付けた甲斐があったわ!!

 

と、言いたいところだが、体感的には「わからない」てのが本音だ。

 

これすなわち、ダイワハウスの天井が優れてて「屋根裏の熱気が室内側へ影響しにくい」ため、効果を体感しづらい原因であろう。

 

 

効果が体感できないってことは、「屋根裏の換気扇に意味なし」てこと?

と、思われるかもしれない。

しかし、安くない出費のうえ、取り付けにも苦労した身としては、効果があると信じたい(^_^;)

 

てことで、いわば自分を納得させるため、屋根裏換気の有効性について検証することにした。

 

客観的データを得るため、一定間隔で気温を記録するロガーを2つ購入。

Elitech RC-5 USB温度データーロガー

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

精度は±0.5℃とのこと。

何やらそれっぽい証明書まで入っている。

 

 

値段からして「自由研究レベルの機器」で、信頼性は高くないだろう。

とナメていたが、購入した2つを並べて放置してみたら、0.1℃単位まで同じ!

コレは意外と信頼性が高いのではないでしょうか。

 

 

温度ロガーを設置する前に、まず初期設定を行う。

キャップを取るとUSB接続できるようになっているので、パソコンにぶっさす。

 

 

で、マニュアルに示されるがままに、よく知らない中国メーカーサイトから、ソフトをダウンロードしてインストール。

大丈夫かコレ?

 

 

ソフトは、日本語には対応していない模様。

まぁ簡単な英語+アイコンの助けによって、直感で操作できそうだ。

 

 

とりあえず、ログを取る間隔だけ設定する。

15分間隔にしてみた。

設定を反映して完了。

これで同時に日時も同期される。

 

 

あとは、本体の▶マークを長押しすれば記録開始である。

 

ひとつ目は、屋根裏の断熱材の上に置いて記録スタート。

 

 

ふたつ目は、テラスの日陰部分で外気温を記録。

 

 

そして、室温を測定するのはコレ。

スイッチボットHUB対応の温湿度計。

SwitchBot 温湿度計 デジタル スマート家電

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

36日間のデータ蓄積、スマート家電との連携が可能な温湿度計である。

データ吸出しや連携にはスイッチボットHUBが必須だけど、うちには既にあります。

リビング天井のコレ。

 

 

以前に、スマートスピーカーから家電を操作したくて設置したのだ。

存在を主張しないよう、コンセントは屋根裏側で接続している。

見た目スッキリだけど、何だかハイテクそうで良い感じ。

 

 

今回の検証には関係ないが、我が家のスマートスピーカーはリビングに鎮座するコヤツだ。

Amazonゴリ押しのEcho Show 5 (エコーショー5)

 

 

「アレクサ、テレビをつけて」

と言えば、このスイッチボットHUBからリモコン信号が発射され、テレビがつく。

てな具合に、様々な家電が操作できるのである。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

 

 

気温の計測を開始して1週間が経過。

 

雨や曇りの日が多く、検証にはイマイチの天気が続いたが、晴れの日も3日ほどあった。

そのうち、1日は屋根裏換気扇をONにしている。

 

ロガーからパソコンへデータを転送。

データ抽出ソフトで、既にグラフ化されている。

 

 

より、見やすくするためにデータをエクセル形式でアウトプット。

エクセルでグラフ化した。

 

 

 

まず外気温。

テラスの屋根の下に置いていた結果である。

晴れた日は30℃越えだけど、早朝は20℃。

なかなか寒暖の差が激しい。

 

 

 

次に屋根裏の温度。

下はほとんど外気温と変わらない。

が、上はなんと50℃にも迫る高温。

まさに灼熱地獄である。

 

 

 

そして室温。

この期間、冷暖房は使用していない。

にもかかわらず、25~30℃の範囲で安定している。

 

 

 

以上のグラフを重ねたものが↓コレ。

屋根裏換気扇を動かしたのは4日目である。

 

 

以上、わかったこと。

ダイワハウスの断熱はいい仕事している!

以上です。

 

なお、屋根裏換気扇は、、、

効果ありと言うには、更なるデータ蓄積が必要。

って、効果なしって言ってるようなものか(´・ω・`)

 

なお、屋根裏換気扇の販売元PanasonicのHPからカタログを見つけたのだけど、、、

そもそも、これを見てもそこまで劇的な効果があるとは思えないな。

 

 

ってことで、コッソリ結論。

屋根裏換気扇は不要。

でも、屋根裏部屋を活用するならあった方が良いかもね。