ウッドデッキ風タイルデッキDIY①~外枠ブロック設置~

ウッドデッキ風タイルデッキDIY①~外枠ブロック設置~

いよいよ作業に着手することとなった。

 

妻からは

「DIY失敗したらプロに頼んでな!もちろん自腹で(⌒‐⌒)」

との激励を頂いている(;・∀・)

 

作業の流れとしては、デッキ設置部分の比較的柔らかい表土を取り去り、地面を突き固め、その上にコンクリートブロックで外枠を作成する、といった感じ。

 

まず、ホームセンターにコンクリートブロックを買いに行った。

コンクリートブロックって、意外と種類があって、どれを買えばいいのか迷う。

調べると、なかなか深い世界のようで、、、

 

とりあえず把握したのは【形状】【規格】【幅】の違いで、その内容は以下のとおり。

 

【形状】

基本

基本形となるブロック

呼称:キホン

横筋

片面は基本ブロックと同じ
もう片面が鉄筋を入れるための溝のある形状

呼称:ヨコ

天端

片面は基本ブロックと同じ
もう片面は平ら

呼称:テンバ

コーナー
片側の側面が平ら
なお、コーナーの横筋や天端の形状もある
呼称:コーナー

呼称は、ホームセンターで注文時に使うと玄人っぽいのでオススメ。

使用例:「C10のヨコとテンバを10体ずつ」など(^-^

 

【規格】
・A種、B種、C種がある。

・AからCの順で重くなり、強度も増す。要は密度の違い。

・C種のみ扱っているホームセンターも多い。

・A,B種は「軽量ブロック」という名で売られていることがある。

 

【幅】
・10㎝、12㎝、15㎝の3種類が主。

・ブロック塀を作る際には、高さによって使う幅が規定されている(建築基準法施工令)。

 

 

 

以上の基礎知識から、今回、外枠に使用したのは、横筋10㎝。

 

 

水糸を張ってブロックを一直線に配置するのがセオリーだが、めんどくさくて薄暗い時にレーザー墨だし器で直線的に並べた。

 

なお、プロが使うレーザー墨出し器は超高額(@_@)

私は、DIY用途の最も安いと思われるモノ(ボッシュ製)を持ってます。

これもホイっと買えるほど安くはないけど、持ってるとすごく便利!

BOSCH(ボッシュ)クロスラインレーザー QUIGO PLUS【正規品】


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

次にグランドライト用のベース部分を設置する。

タカショーのHFF-D10Sというブツだ。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

車が乗っても大丈夫なグランドライトである。

まぁ車が通ることはないのだけどね。

 

グランドライトを後から追加することは不可能と考えた方が良い。

よって、設置場所や個数はしっかり考えてから施工する必要がある。

妥協しない方が良い、のだけど最小限の2つの設置にとどめた。

このグランドライト、なかなかのお値段なのだ(@_@)

 

タカショーでは、ガーデンライトの配光パターンを公開している。

これを基に、綺麗に背面へ光が投影される距離へ埋設する。

 

ライト部分は後で設置するため、ソケットにテープでフタをしておいた。

 

そして、埋め戻し。

砕石も敷いておいた。

続く。。。