庭で枯山水!?レーキをDIY【砂利をならす】

庭で枯山水!?レーキをDIY【砂利をならす】

庭に砂利を敷いた。

雑草対策のためだ。

目的を果たし、砂利で埋め尽くされた庭を見て思いついたことがある。

 

枯山水(かれさんすい)できるんじゃないだろうか、と。

 

京都の龍安寺とかで有名な、こんなの↓である。

 

枯山水は灰色や白の砂利庭でやるのが普通なので、うちの砂利では不向きだと思うが、ちょっとやってみたくなった。

 

さっそく調べてみると、枯山水を作るためにレーキ熊手、砂かき棒)と呼ばれる道具があるらしい。

その形状は、作る波紋の大きさや間隔によって様々で、オーダーメイドや自作が主のようだけど、市販されているものもある。

アルミス アルミレーキ R600-18

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

でも、遊びで買うには高いな~

ってことで、作ります。

 

 

まず、木製の杭を5本用意。

水糸を張るのに1本100円で購入、使わなくなったものだ。

 

この杭の先っぽの部分だけを切り落とす。

 

で、50cmほどの角材に等間隔でネジどめ。

 

角材にホールソーで窪みをつけて、太いネジで柄(円柱の棒)と固定。

完成!!

 

 

さっそく遊んでみる。

 

うーむ、まっすぐ引くのが難しいな。

 

そして、あまり見映えはしません。

砂利色のせいかな(逃げ口実)。

でも地味に楽しいわ、こりゃ。