建材屋さんを利用する【砂利を買って庭に敷きたい!】

建材屋さんを利用する【砂利を買って庭に敷きたい!】

 庭に砂利を敷きたい!

新築時、私は家庭菜園をしたいと考えていた。

そこで、庭の一部には砂利敷きしなかった。

 

今、家庭菜園はまだ始まっていない。

その兆しもない。

無処理の庭は雑草がひどくなってきた。

そこで、暫定的な対策として、以前にタイルを敷いた。

 

このことによって、雑草を抜く必要がなくなり、満足していたのだけど・・・

その後、このタイルをガレージに施工したため、またもや雑草が伸び放題となっている。

かくして、私は腹をくくりました。

雑草対策はもう嫌!

砂利を敷こう!!

 

防草シートを敷き、その上から砂利敷きすることで、雑草を根絶するのだ。

 

家の回りには、既に砂利が敷いてある。

一般的に「サビ砂利」と呼ばれる類の砂利で、新築時の注文書によると「信楽砂利」というらしい。

 

この砂利を庭にも敷きたいところだが、残念ながらホームセンターでは扱っていない。

よって、素直に外構屋さんへ依頼することにする。

 

まずは注文する砂利の量を決める。

「砂利  量  計算」とかネットで調べた結果、1㎡あたり砂利60~80㎏が妥当との情報を得た。

今回の施工面積は、ざっと見積もって25㎡なので、1.5~2トンの砂利が必要な計算となる。

 

さっそく、新築時にお世話になった外構屋さんに連絡し、見積もりを依頼。

ネットで見る限り、砂利自体の値段としては2トンで2万円しない程度であろう。

で、運賃は高めに見積もって2万円くらいで、砂利を敷くのは自分でやれば0円、すなわち計4万円くらいではないか。

そんな事を考えつつ、外構屋さんからの見積もり連絡を待つ。

 

 

1週間が過ぎ、2週間が過ぎ、、、

ひと月が経過。

 

・・・どーなってんだ!!

 

素早い対応は期待してなかったけど、全然やる気ないな。

もーいい!

外構屋さんに頼るのはヤメた。

自分で砂利を入手しよう!!

 

外構屋さんも、結局のところは建材屋と呼ばれる元売りから砂利を入手するため、自分で直接購入することは可能である。

 

唯一にして最大のハードルは、臆することなく建材屋を利用できるか、だ。

以前、タイルデッキDIY挑戦時にも利用を検討したことあるけど、Googleストリートビューで営業所の様子を見たら、あまりにも寄り付きにくい雰囲気で、ビビって断念した過去があるので(^_^;)

 

利用する建材屋の条件は、

・目的の砂利を扱っている

・個人客も来たことがありそう

・家からなるべく近い

といったところである。

 

ネットで建材屋をリサーチしたところ、砂利の種類や単価、購入方法まで詳しく記載したHPを整備している業者は本当にごく一部。

ほとんどが住所と電話番号程度の情報しか公開していない。

そんな中でも、カンタンなHP(ブログ)を開設していて、目的の砂利を扱ってそうな業者を発見、電話をかけた。

 

「あのー、個人で信楽砂利を2トン買いたいんですが、扱ってますか?」

電話口の相手は、ぶっきら棒な図太い声、かと思いきや意外なほど物腰の柔らかい受け答えで、

「はい、1トン6,000円で0.5トン単位で売ってますよ。配達はしてないので、レンタカー等で来て下さい。何時ごろ取りに来るか電話もらえればスムーズですよ」

てな感じだった。

かなりビビりながら電話したのに、なんだか拍子抜け。

思うに、HPに連絡先を掲載するような業者であれば、個人客でもウェルカムなのではなかろうか。←電話を掛けただけなのに突然エラそうなことを言うヤツ

 

 

さっそく、レンタカー予約をとる。

利用するのはジャパンレンタカー。

 

以前は楽天トラベルとかで探していたこともあったが、ジャパレンが断然安いのだ。

6時間5,000円弱でタウンエースを予約。

積載可能量は約1tなので、2回の往復で必要量を運搬できそうである。

 

なお、軽トラックなら、さらに安く借りられるけど、積載量が1/3程度(350kg)しかない。

逆に2tトラックは運転に慣れていないため、公道での運転は良いとしても、砂利の積込時に、

「おーい!この砂利山ギリギリまでバックでつけろー!!チンタラするな!!!」

とか言われたら、焦ってぶつけそう(^_^;)

そんな観点からタウンエースを選んだのである。

 

そして、決行の日がきた。

レンタルされた車の荷台は、まぁまぁな傷があった。

砂利を載せるので、この方が気が楽だ。

建材屋へ向かう道中、ホームセンターに立ち寄ってブルーシートを購入。

荷台に敷いてから、その上に砂利を積み込む算段である。

 

20分ほどで、目的の建材屋へ到着。

事前に電話で約束していた時間よりも早くに着いてしまったが、とりあえず停めやすいところに車を置き、プレハブ小屋の中にいた従業員に、

「さっき電話した者です。砂利下さいー」

と伝えた。

 

そしたら、「はいはいー」ってな感じで、すぐにブルドーザーに乗り込み、砂利の山からすくい取って・・・

 

ザーっと荷台に積んでくれた。

このブルドーザーひとすくいが、500kgという計算らしい。

 

2杯分の砂利を積んでもらい、お金を払って終了。

ビビってきた自分がアホらしいくらい、一瞬で終わった。

 

なお、購入した砂利の値段は500kgあたり3,000円!

普通の砂利でもホームセンターでは20㎏で200円はすることを考えると、建材屋なら4割以上も安く買える計算だ。

2t購入では12,000円、レンターカー代を含めても2万円を切るのである。

ほくそ笑みながら帰路についた。

 

1tの砂利を積むと、目に見えてハンドル操作やブレーキの効きが変わる。

慎重に運転して帰宅。

 

建材屋から購入した砂利は、

ホンマにこれ信楽砂利か!?

ってくらい砂まみれでキタナイ。

建材屋の砂利は、山から採集したままの状態のため、これが普通なのだそうな。

 

外構屋さんは、この状態の砂利を敷いた後に表面を水で洗い流すのだという。

 

しかし、これをすると砂が砂利の下に堆積することになる。

砂利だけでも、年数がたつと砂に埋もれてきてしまうので、できるだけ最初は砂を除去しておきたい。

 

ってことで、すぐには敷かず、いったん庭の一角に山積みにしておくことに。

 

荷台からスコップで一輪車に砂利を積んでは運び、積んでは運び・・・

一人で延々と作業。

想像以上に時間がかかるわコリャ。

 

ブルーシートを敷いていたおかげで、積み下ろしの作業性は良かったと思うけど、それでも1時間程度かかりました。

 

で、もう一度、同じ建材屋へ行ってさらに1t購入。

2回目の道中は混雑していて、思いのほか時間がかかり、家に着いた頃には暗くなっていた。

 

レンタカー返却の時間も迫ってきたので、急いで砂利を下して終了。

なかなか疲れたけど楽しかったデス。

 

結論

大量の砂利購入は、やっぱり建材屋の利用がお得。

自分で大量の砂利を敷く場合は、一輪車(猫車)が必須。

↓ネットで買うと高いので、レンタカーを借りた時に、ついでに近くのホームセンターで購入するのがオススメ。


Amazon  楽天市場  Yahoo!

レンタカーの荷台には、ブルーシートを敷くと、傷防止にもなるし、荷下ろしも楽。