コンプレッサー購入は敷居高いけど、あると便利

コンプレッサー購入は敷居高いけど、あると便利

コンプレッサーは空気を圧縮する機械。

これがあると、とっても便利。

 

エアツールと呼ばれる道具が使えるようになり、作業の幅が広がる。

 

でも、普段は見かけない道具なので、心理的ハードルは高い。

 

なんだか危なそう。。。

イマイチどのように使うのか謎。

DIY初心者の自分に扱えるのだろうか。

なんて考えると、なかなか購入に踏み切れなかった。

 

しかし、イナバガレージを建てたのを期に、一念発起!

思い切って購入しました!

 

買ったのは高儀(タカギ)ってメーカーの容量13Lタイプ

 

 

「安くて、レビューも良かった」という、ありきたりな理由での選択。

てか、そもそも容量とか、騒音レベルとか、これまで使ったことがない人間にとってはイマイチよくわからない(;^ω^)

 

結果的に、概ね満足しているので良い選択だったのだろう。


一応、この機種の特徴を紹介する。

エアー充填性能は、ダブルピストン採用で速い。らしい。

 

他のコンプレッサーの充填スピードを知らないので、正直よくわからんが、まぁ、今のところ遅くてイライラしたことはない。

ってことは速いのだろう。

 

騒音に関しては、静かさを売りにしている割に、それほど静かではない。

と思い込んでいた。

 

コンプレッサーって、ホントはもっとウルサイのが普通で、「これでも静かな方」なのだとボンヤリ考えてた。

 

が、ある時、吸気部分のフィルターを装着していないことに気が付いて、取り付けたら、、、

ムチャ静か!!Σ(・□・;)

 

フィルターには消音効果もあるのね。

観賞魚用のエアポンプとまではいかないが、それに近い静かさだ。

 

重量は13Kg。

コンプレッサーのなかでは小型で軽い部類に入るそうだ。

 

作業する場所まで、片手で持ち運べるのは大きなメリットである。

 

エア圧は0.7Mpa(7気圧くらい)

いわゆる常圧タイプである。

 

大工さんがよく使っているのは、高圧タイプで、その方がパワーが出せるそう。

でも、対応機材を含め高価。

 

現状では、常圧で不自由なし。

DIYレベルの素人なら常圧で十分である。

 

容量13Lは少ない部類に入るが、フィニッシュネイラーやエアタッカーの使用においては不自由を感じたことはない。

 

でも、エアインパクトレンチやエアダスターなど大量のエアーを使う工具の場合、使用方法によってはストレスを感じることもある。

とは言え、予備タンクを接続して容量を増やすまでは、今のところ必要ないかな。


ところで、エアツールを扱う前に疑問だったことがある。

圧のかかっているホースを取り外したら、どうなるのか、だ。

 

結論から言うと、エアホースの取付部分(コンプレッサー側)には弁が内蔵されていて、取り外したら自動的に閉じ、エアーを逃さない構造になっている。

 

エアツールを使ってる人にとっては当たり前のことだけど、以前の私は「接続部が弾丸のようにぶっ飛んできて、当たりどころが悪いと大惨状!」ってなイメージを持ってて、本気でビビってました(^_^;)

 

 

しかし、コンプレッサーって決してナメてはいけない危ない機械。

タンクが爆発したら、死傷する恐れもある。

 

よって、怪しげな外国製のコンプレッサーでなければ、複数の安全装置が付いているのが普通である。

 

このコンプレッサーにも、安全弁の他にプロテクター機能なるものがあって、本体に不具合(大きな振動が加わるなど)があるとシャットダウンされる。

もしプロテクター機能が働いた場合は、リセットボタンを押して復旧する。

 

私がコンプレッサーを使って最も利用するのがエアダスター

勢いよく空気を吹きかけることで、ゴミ等を吹き飛ばすモノだ。

 

これがなかなか便利。

せっかくなので、今日行った空気清浄機のクリーニング写真も載せておこうと思う。

我が家の空気清浄機はこちら。

半年ほど掃除していなかった。

 

フィルターにホコリがたまっている。

汚い!!

ってことでエアダスターの出番である。

 

すごい風圧でホコリを吹き飛ばすことができるので、作業が爽快。

盛大にホコリが飛んでいくのが見えるので、掃除した気分にもなれる。

 

あっという間にホコリを吹き飛ばせた。

そのほかにも、キーボードとかの隙間に入り込んだホコリを吹き飛ばしたり、水滴を飛ばしたり・・・

あると、たいへん重宝する工具です。

 

このほかにも、フィニッシュネイルやエアブラシ、空気入れなど、様々な工具が使えるようになる。

フィニッシュネイラーは使うとクセになる便利さ!でも危険だよ・・・

 

エアコンプレッサー、ちょっと興味あるなら是非買いましょう!

DIYの幅が一気に広がるよ😃