金属ごみ換金に挑戦!

金属ごみ換金に挑戦!

外構DIYをしていると、金属ごみが発生する。

これまでは、自治体の回収する金属ごみに出していた。

しかし、このたび大物金属ごみを捨てることとなり、そのままゴミ捨て場に捨てたらマズそうなので、金属リサイクル業者へ持ち込むこととした。

 

大物とはこれ。

車のドアだ。

 

事の始まりは、とある立体駐車場で、盛大に車をこすったことから始まる。

予想していたよりも駐車料金が100円安かったことに喜び、

「ぬぉ~ヤッタゾー」と、助手席の妻に報告しようとしたその瞬間、、、

バキバキムギュー

と、嫌な音が立駐に響き渡り、車が悲惨な姿になってしまったのだ。

 

破損したのは、左側のフェンダーとドアとミラー。

修理に出すととんでもない出費となりそうだったので、ネットでブツを何とか探して、付け替えることに。

自分でやったので工賃はタダだが、それでも部品代でイタイ出費だった。

100円の得に歓喜した直後、多大な損害を被ったわ。

 

さて、持ち込む金属リサイクル業者であるが、車で20~30分ほどの場所に何件かある。

今回は、以前に織り込みチラシの入っていた業者へ持ち込むことにした。

 

この際なので、他の金属ごみもかき集めて持っていくことにした。

まず、エアコンの管(銅と真鍮?)

一般的に再利用不可とされているが、無理やり使おうと取っていた物。

結局、使わずにこのたび廃棄することに。

 

いつか使うかと思ったが、そのいつかは来そうにないオーディオケーブル類

 

カーナビのケーブルだのハーネスだのゴチャゴチャと。

まぁまぁの重量なので、少しは期待できるかな。

 

イナバガレージのDIYに使った軽天材の端材(鉄)及び外構DIYで出た支柱端材(アルミ)

※後日知ったが、金属の材質で分別して持ち込む方が良いみたい(そりゃそうか)。

 

実家の排水用にヤフオクで買ったはいいが、結局使わなかった消防ホースの両端(ジョイント部分)

換金目的に自治会のホースを盗む事件が以前に頻発していたこともあり、疑われないか少し心配。

が、窃盗してまで換金するのだから買値は期待したい。

ちなみに、ヤフオクでの購入額は送料別で1,000円くらいだったような…

 

おまけ プレミアムモルツの空き缶(アルミ)。

妻との晩酌の残骸、5缶くらい。

 

これまたイナバガレージDIYに使った発泡ウレタンの空ボンベ

全開にして圧は抜いたけど、引き取ってくれないかなぁ。

 

他にもレジャー用の椅子(鉄)も持って行ってみることにする。

と、ここで、トラブル発生。

ガガーン!

ドアが車に載せられない。

 

仕方ないので、グラインダーで切れ目を入れて折り曲げ、無理やり車に載せることに。

 

安物ディスクが一瞬でダメになったが、これをペイできるほどの値が付くのか!?

 

何とか全部載せて出発となった。

警察が見たら絶対職質しそうな車内である。

 

金属ゴミを買い取ってくれるリサイクル業者の敷地のほとんどは、ヤードと呼ばれる鉄の壁で囲われている。

恐らく金属の盗難防止のためだろう。

外からは中の様子をうかがい知ることができないので、敷地内に立ち入るのは、それなりの勇気が必要。

意を決して中へ!

 

ヤードの中は金属ゴミがうず高く積まれていて、何やら重機で作業が行われていた。

とりあえず隅のプレハブ小屋に向かう。

 

重機を操っていた兄ちゃんが、こちらに気付いて声をかけてきた。

中国の人だろうか。若干、日本語が怪しい。

「金属を持ってきました~」

と言うと、車から降ろすのを手伝ってくれた。

なかなか良い人だ。

 

大きな計量機があって、持ち込んだ金属ごみの重さを計る兄ちゃん。

一通り計量が終わったら、買い取り金額とその明細が提示され、その紙にサインしたらお金がもらえた。

身分証提示を求められることもなく、カンタンに金属ごみは現金となったのであった。

こりゃ金属盗や資源ゴミ持ち去り問題も増えるわ(^^;)

 

ちなみに明細はこちら。

5缶くらいの空き缶が1キロとある。

計量はかなりアバウトであることはわかった。

 

金属単価は日々刻々と変化している。

 

今回、一番単価が高かったのは、、、

エアコンの管!

やっぱり真鍮は高いようだ。

 

期待した消防ホースのジョイント部分は

「鉄だよコレ」

とのことで期待はずれな結果に。

 

結論:まとまった金属ゴミが出たときは、買い取り業者へもっていくと現金化できる。
缶ビールたくさん飲む人は、集めて持って行ったらそれなりの値段で売れるかも。

ちなみに、ウレタンのボンベは…やっぱり引き取り拒否されましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

→後日、安全弁を打ち抜いて、ほかの業者にもっていったら回収してくれました(‘ω’)ノ