ウッドデッキ風タイルデッキ ~プロの仕事~

ウッドデッキ風タイルデッキ ~プロの仕事~

ウッドデッキかタイルデッキか

悩んだことがある人も多いのではないか。

かくいう私もその一人である。

言うまでもないが、ウッドデッキは木材で作るデッキであり、タイルデッキはブロック等にタイルをはって作るデッキである。

 

用途的には両者ともほとんど同じだが、機能性は双方に一長一短がある。

端的に言うと、
ウッドデッキは安価で木の温もりがある
タイルデッキは劣化しにくく、夏場も高温になりにくい

ということらしい。

 

我が家は、悩んだ末にタイルデッキを導入することにした。

ウッドデッキの場合、劣化や下空間の雑草対策、害虫対策が必要となることを考慮した末の決断である。

世の中には同様の懸念からウッドデッキを諦める人も多いそうだが、外構屋さんに言わせれば

「ウッドデッキでも、懸念するほどのデメリットはない」

らしいので、あくまでもイメージだけの話なのかもしれない(・・;)

 

 

タイルデッキの導入を決めたが、実のところ、見た目はウッドデッキの方が好みだ。

要は「耐久性があって、見た目は木」のデッキが理想である。

 

世の中に、そんな都合の良いものなんてない!

 

かと思いきや、そんなワガママに応えるタイルが存在するヽ(゚д゚ヽ)。

木目調タイルだ。

 

モノによっては凹凸まで再現され、触れないとタイルとは気付かないほど精巧なモノも。

こりゃスゴイ!!

これぞ求めていたものだ( ☆∀☆)

 

この木目調タイル、建材各社から販売されており、お値段もピンキリ。

 

簡単にやり直すことができない部分なので、

多少高くても気に入ったタイルを選ぶべき

と言いたいところだが、安いものでは数千円/㎥、高いものだと数万円/㎥と値幅が広すぎるため、チョット慎重になってしまうのであった。

 

で、いろいろなメーカーのサンプル取り寄せやショールームの確認を行い、たどり着いたのがこちら。

ヤングギャラリー(by サンワカンパニー)のマロン色

 

このタイルを選んだ理由。

それは…見た目が「本物の木」に近い

 

そして・・・安い!(ここ重要)

なんと¥3,980 / m2 

 

 

ネット上には、タイルデッキをDIYしている事例がいくつかある。

そういうのを見てると、自分でもできそうな気がしないでもない。

しかし、新築直後、外構DIYの経験が皆無であった私にとって、大量のモルタルを使い、失敗時の現状復帰すらカンタンでないDIYは荷が重すぎた。

結局、怖じ気づいた私はプロ(外構屋さん)に施工をお願いしたのであった。

 

 

それでは、プロの仕事をご覧いただこう。

こちらがタイルデッキを設置するリビング外側である。

新築直後なので、ホームヤードルーフ等もまだ設置されていない状態だ。

 

 

仕事中で不在の間に作業が進んでいるため、作業工程は不明だが、

まず、表土をはがし、砕石を敷いて転圧、中央部に土(砕石)を盛ったようだ。

 

1日目の作業は以上である。

さすがプロ、速い。

 

そして2日目・・・

どどーん。

ここまで進んでました。

速すぎ!!(;・∀・)

 

どうやら、ブロックで外枠を作って、中に砕石を転圧しているようだ。

リビング床と同じ高さにするため、ブロックは3段積みとなっている。

当初、リビングの窓とタイルデッキをフルフラットにするには、間にグレーチングが必要と言われていた。

しかし、施工時(てか施工後)にやっぱり不要ということになっていた。

グレーチングって結構高価から、ラッキーと思ったけど、本当に不要だったのか少し心配(;^ω^)

忘れててやり直すのがメンドーになったんじゃねーだろうな(・・;)))

 

で、唐突にタイル貼っている途中の写真。

実は旅行に行っていて、数日間家を留守にしてまして、帰ってきたらこうなってました。。。

 

どの程度の砕石(もしくは砂)を転圧したのか、コンクリートはどの程度の厚さなのか、

いろいろと見たいことがあったのだけど、今となってはわかりません(^-^;

 

そして翌日、タイルデッキは完成ヽ(´▽`)ノ

 

完成したタイルデッキをみて思ったことがある。

もう少し広くしといたらよかった!!

続く。。。