イナバガレージの基礎にタイル張り

イナバガレージの基礎にタイル張り

基礎ブロックにタイルを張りたい!

 

イナバガレージはコンクリートブロックをコの字状に設置した上に建てられる。

 

 

このブロック、当然ながら完成後もガレージ内外から見える。

これまで特に気にすることはなかったのだが、内装カスマムを重ねるにつれ、悪い意味で目立ってきた。

こういうのは、気になると、どんどん気になってくる(˘・_・˘)

 

 

てことで、このブロック部分を見えなくしたい!

 

対策として、最初に思いついたのは、タイルシールを張り付ける、という簡便な方法。

両面テープで、ペタッと貼るだけでお手軽そうだ。

 

しかしこれは、カビそうなのでやめた。

軽いから、壁に貼るなら最適なんだろうけど、基礎ブロックは湿気やすいし、恐らくカビるだろう。

↓モノは良い感じなのだけどね。。。

立体 木目調シール 壁 床 簡単貼付


 

ここは大人しく普通のタイルを貼ることにする。

まずはタイル選び。

全体的な調和を考慮して、木目調のタイルを採用する。

 

タイルの値段はピンキリ。

タイルと聞くと高いイメージがあるが、実は大幅値引きされているモノも多い。

製造終了品はアフターフォローができないので、プロは使いたがらない

激安価格で売られる

という構図があるようだ。

 

とりあえず「激安タイル」を扱っているみはしショップ を利用。

 

購入したのは、73%割引というアウトレット激安タイル。

なんと11枚入りで1460円!

ただし送料は2600円(;^ω^)

 

ちなみに、購入したショップ「みはしショップ」は、注文翌日に電話で注文確認してくれたうえに、

「事前に無料サンプルを送ることも可能ですが大丈夫ですか?」と気遣ってくれた。

なんて親切なショップなんだ!

 

今回使うのは2箱だけで、送料含めても5,000円くらいのため、サンプルでの確認は省略(^^;)

2日後には商品が届きました。

 

 

とりあえず、タイルがマッチするか仮置き。

 

うーむ。。。

良いような、悪いような・・・

正直よくわからんな。

 

妻に感想を聞いてみたところ、、、

「悪くないのではないか」

とのこと。

 

それを聞いて安心したので、DIYに取り掛かる。

 

まずは、貼り付け箇所にあわせ、タイルの幅を切り詰める。

グラインダーで切れ込みを入れて・・・

 

 

「食い切り」でカット。


 

このようにちょっとだけ切り詰める場合は、喰い切りを使うのが便利。

ポキポキと、板チョコを折るような感覚で不要部分を取っていく。

 

(参考)

タイルをカットしたい!使うのはタイルカッターかグラインダーか?

次にタイルの貼り付け。

接着剤を使う方法がお手軽だけど、今回はセメントで貼り付けることにする。

セメントは、専用のモノ(張り付けモルタル等)を使うと粘着力があって貼り付けやすい。

が、今回は普通のセメントを使用する。

横1列のタイルを貼るだけなので、粘着力がそれほどなくても作業性は特に変わらないだろうと判断。

なんと言っても、普通のセメントの方が圧倒的に安いのだ(◕ᴗ◕)

 

まずは汚したくない箇所を養生。

 

 

施工するブロック部にしっかり吸水させた後、水でといたセメント(ノロ)でタイルを張り付け。

1日置いたカレーよりも少し柔らかいくらいの粘度に調整すると貼りやすい。

 

 

隣へ隣へとスペーサーで目地幅を均一に保ちながら1枚ずつ貼っていく。

以前のコンクリートブロックへの施工の時と比べると、横1列だけなので、かなりカンタン。


 

 

手で貼り付けてから、100均のゴムハンマーでやさしく叩き込んで調整する。

 

タイル表面についたモルタルは、すぐに拭き取ると、せっかく貼り付けたタイルがゆがむ危険性がある。

よって、タイル貼り付け直後は汚れを拭き取りたい気持ちをグッと抑える。

 

 

小一時間経過すると、セメントが少しだけ硬化し、ある程度の力で貼り付いた状態となる。

ここで、タイル表面のセメント汚れを湿らせたスポンジでふき取る。

 

これにて掃き出し窓下のタイルは完成!

 

 

ガレージ奥の基礎ブロックは幅が狭いので、タイルを2分割して張る。

グラインダーで切れ込みを入れて、、、

 

 

バキっと手で二つ折り。

そして先程と同様にセメントで貼り付けていく。

 

 

そして、こちらはタイルの上部に巾木を取り付け。

木工用ボンドでとフィニッシュネイルで取り付けました。

 

てことで完成!

ブロックが見えなくなったおかげで、よりインナーガレージっぽくなったかな(#^.^#)