タイルデッキ通路DIY~通路タイル張り完成~

タイルデッキ通路DIY~通路タイル張り完成~

いよいよタイルを張っていく。

タイルはタイルデッキに使っているのと同じ「ヤングギャラリー(サンワカンパニー)」。

 

ドライアウト防止のため、散水後、少し置いてからNSハイフレックスを塗布。

ノロ(セメントを水で溶いたもの)でタイルを貼り付ける。

 

 

一気に貼りたいところだけど、まとまった時間を取ることができず、作業時間が限られるため、初回は↓これにて終了。

 

 

翌晩は↓これだけ。

てな具合に、少しずつ貼っていった。

 

 

タイルを貼るときには、水平器が必須。

大きな水平器が使いやすいです。


 

 

感覚を頼りに貼っても、うまくいきそう!

なんて錯覚しそうになるけど、そんなことしたら確実に凸凹になります(断言)。

 

 

隣のタイルの高さに揃えつつ、タイル間隔をスペーサーで確保し、水平器を使って水平に貼り付ける。

 

 

うまくタイルが貼れた!と思っても、全体の一部として見ると調和していない、なんてこともあるので、意識的に全体からも見るようにして、歪みがないか確認しつつ、ボチボチ貼っていく。

 

詳細な貼り方は以前の記事を参照。

ウッドデッキ風タイルデッキDIY⑩~タイル施工~

 

なお、完成後の後日談だけど、雨が降ると通路中央部に小さな水溜りができるってことが判明した。

パッと見ると平坦だが、通路中央部が凹になっていたのだ🤦‍♂

あれだけ慎重に水平を意識して貼ったのに、、、

 

てことで、素人がタイルを水平に貼るのはとっても難しい。

排水口に向けて水勾配をとるのが正解だったなぁ、と少し後悔しております(;・∀・

 

 

タイル張りの端、角の部分には役物タイルというL型のタイルが使われることが多い。

コレを使うと、角の納まりが自然な仕上がりとなるのだ。

 

 

よって、上面か側面かどちらのタイルを端まで貼るか選ぶ必要がある。

でも、今回のタイルには役物のラインナップが無い。

側面のタイルを端まで貼ると、上から見たときに目地が目立つ。

 

上面のタイルを端まで貼ると、側面から見たときに目地が目立つ。

 

 

今回は、圧倒的に上から見ることが多いため、上面のタイルを端まで貼る「パターン2」を採用する。

この場合、先に側面を貼ってから、かぶせるように上面のタイルを貼るのが作業効率が良い。

 

てことで、上面タイルを端まで貼ってしまう前に、先に側面を貼り付け。

 

 

その後、上面タイルを施工。

 

 

そんなこんなで、平坦な部分は概ね終了。

 

 

雨水マス部分は、タイルを加工のうえ、かわすように貼り付け。

当初は、なかなか上手く出来なかったタイルの曲線カットも、だいぶ慣れてきた。

 

 

平面部に続き、スロープ部にもタイルを貼っていく。

 

 

ヒビ割れ防止のために設置した緩衝材(ケンタイト)は、下地の高さでカット。

上が目地となるようにして、タイルデッキの膨張•収縮によるタイル割れを防止する。

 

↓やっと終わりが見えてきたー!

 

 

一番端のタイル幅がかなり狭くなってしまったので、タイルカットが大変だったけど、何とか完了。

最後に目地を入れる。

全体に塗りつけて…

 

 

タイル面の汚れを拭き取り。

 

完成!!