タイルデッキの通路延長DIY~スロープ土台作成~

タイルデッキの通路延長DIY~スロープ土台作成~

タイルデッキ通路のスロープを作成する!

前回作ったスロープは短めで、傾斜はキツめだった。

 

今回はスロープを長めに取れるので、傾斜は緩くできる。

試算では、通路の高さが概ね10cm、長さ230㎝なので、傾斜角2~3度となる見込みだ。

 

 

まず、ヒビ割れ防止のため、通路とスロープの間に緩衝材を入れておく。

通路+スロープを大きな「ひとかたまり」にしてしまうと、さすがに亀裂が入りそう・・・と考えたのだ。

 

緩衝材は「ケンタイト」を使用。

見た目はアスファルトみたいだけど、柔らかくてカッターナイフでカンタンに切れる。

 

ケンタイト10mm KT10 型式:KT10

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

スロープの土台となるコンクリートには、スクリューメッシュを入れる。

このあたりは通路と同じである

 

 

スクリューメッシュの不要部分は、切断砥石を装着したグラインダーで切る。

 

 

切断砥石は「金の卵」

金属用の切断砥石と言えばコレ。

よく切れます。

そして安い。

とは言え、10枚も要らなかったかなぁ・・・


雨水マスにかかる部分をサクッと切りました

ボルトクリッパーで切るよりも速いわ、こりゃ。

 

 

カパッと、はめ込んで仮置。

コンクリートのかぶり厚がでるよう、ピンコロで地面から浮かせておく。

 

 

 

次に水糸。

この長さのスロープを目測でつくるのは無理そうなので、おとなしくセオリー通り、水糸を張ることにする。

スロープ下側は杭をハンマーで打ち込み、上側はブロックに結ぶかたちで水糸を張った。

 

 

あとはコンクリートを流し込むだけ。

コンクリートミキサーまぜ太郎をスロープ下側に置いて、せっせとコンクリートを生成。

強靭バケツに移して、、、

 

 

流し込む!

てな作業を繰り返す。

傾斜をつけるため、水分量はやや少なめにしている。

 

 

コンクリートの型枠は、園芸スペースのブロックを支えにベニヤを置いてるだけ。

かなりズボラだが、タイルを貼るときに整形する作戦だ。

 

 

モルタル関係の作業は、途中で中断ができない。

子供や妻に呼ばれても、このときばかりは心を鬼にして作業を継続😅

 

 

ある程度のコンクリートを流し込んだら、左官コテでならしていく。

水分の少ないコンクリートは、内部に空洞ができやすいため、プロは状況に応じてコンクリートバイブレーターなるモノを使って充填していくのだが、そんなモノは当然持ち合わせていないので、しっかりとコテで叩きこみながら、ならしていった。

 

 

とりあえず完成!

 

数時間放置した後、木枠を外して完全に固まるまで放置。

次回は最後の工程、タイル張りです!