ガレージをホームシアター室に!【天井埋込スピーカー導入】

ガレージをホームシアター室に!【天井埋込スピーカー導入】

ガレージをシアタールームにしたい

前回、ガレージのホームシアター化に取り組み、それなりのモノが出来上がった。

 

しかし、少し不満がある。

 

 

どうも音にクリア感がないのだ。

何だか、こもった感じ。

 

 

このサウンドシステム、以前はテレビにつないで使ってた。

この時は、クリアな音質に思えたのだけどなぁ。。

耳が肥えたのか、そもそもガレージという空間の問題なのか。

音質ってのは、気にすると、どんどん気になってくる(-_-;)

 

 

さらに、気になることがもう一点。

 

ガレージは開け放つと外から丸見え。

吊り下げ式のスピーカーが目立つ。

 

近所には、音楽好き?の人が住んでいて、時として音が漏れ聞こえてくるのだけど、他のご近所さんから「騒音の発生源」として勘違いされないか危惧される(被害妄想)。

 

 

そんなこんなで、

私はスピーカー交換する決意をしました。

 

新たに取り付けるのは天井埋め込みタイプ。

目立たないうえに、さりげなくエレガントなスピーカーである。

以前にリビング天井へDIYしたことがあるし、取り付けにも困らないだろう。

↓リビングの天井スピーカー

 

リビングに取り付けた天井スピーカーは、凡人の耳でも音質が良いと感じる。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

よって、同じスピーカーを導入するのが間違いのない選択ではある。

しかし、ガレージには大きすぎ。

よって、コンパクトなタイプを導入しようかと考えた。

↓これだ。

YAMAHA シーリングスピーカー  (1ペア) NS-IC400

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

このスピーカーの直径は15㎝。

ガレージ天井に取り付けるなら、このくらいのサイズ感がちょうど良いかな、と思う。

 

ただし、厚み(奥行)に問題が。。。

取り付けるスペースの奥行に余裕がないのだ。

天井の上は断熱材(グラスウール + 発泡ウレタン)があり、そのすぐ上がガレージの天板となっている。

このスピーカー(厚み8.65㎝)の取り付けができるかキワドイとこだ。

 

 

さらに、ワガママを言うと、値段が高い!

ガレージでは、音量を絞って使う想定のため、音質はソコソコで良いし、その分、出費はおさえたい。

 

てことで、他のスピーカーも検討する。

が、なかなかコレ!ってのが見つからない。

 

そもそも、天井埋め込み型って、ラインナップが少ない。

 

天井に大穴をあける必要がある。

音質的には吊り下げスピーカーの方が良い

と、デメリットが多いので、それほど需要がないのだろうか。

 

さらに、低価格帯のモノは、主に商業施設で使われるハイインピーダンスのモノが多い。

5インチハイインピーダンス埋め込みスピーカー TA108-C5T

 

 

 

今回、既存のサラウンドシステムアンプは、できればそのまま使いたい。

よって、「ローインピーダンス」のスピーカーを選ぶ必要がある。

そもそも、家庭用アンプ用は「ローインピーダンス」対応が一般的だし。

 

 

そんななか、気になる商品を発見した。

読み方すらわからないメーカー「Herdio」の天井埋め込みスピーカーである。

Herdio 天井取付型スピーカー 160W


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

レビューを見てると、まぁまぁ高評価。

「値段なりの品質」といった意見もあるが、上述のとおりガレージで大音量を出すことはないから、ソコソコの音質であればよい。

 

てことで、購入。

センタースピーカーを含めて5つ必要なのだが、ペアでしか売られてないので、3セット(計6つ)注文。

かなりコンパクトな箱で届いた。

 

 

外箱の中にスピーカーの箱2つが入っている。

 

 

スピーカーの直径は約16㎝。

小ぶりだけど、ガレージにはちょうど良いサイズ感だ。

 

 

ご丁寧にスピーカーケーブルまでついている。

3mくらいあるのかな。

 

既にケーブルはamazonオリジナルのモノを敷設済みなので、今回は使いません。

Amazonベーシック スピーカーケーブル 16ゲージ 30メートル


 

 

 

スピーカーの総奥行きは6.6㎝。

かなり薄い。

これなら、今回のように天井裏のスペースがほとんどなくても取り付け可能だ。

 

 

スピーカーケーブルの接続端子は金メッキ(ぽい)。

プッシュタイプで簡単接続できるタイプである。

 

コンデンサーも、テカテカしている。

中華製品に多いこういう見た目重視なとこ、嫌いじゃないです😸

だいたい性能は伴ってないのだけどね。 ←偏見

 

 

マニュアルは英語。

まぁ読めなくても困ることはない。

てか、大したことは書いていない(*ノωノ)

 

この絵だけ見れば事足りるな。

 

 

まず、天井に取り付け穴をあける。

カットアウト直径は14.5㎝。

リビングでの取り付けでは、この穴あけ作業に時間がかかったが、今回の穴の大きさであれば、ダウンライト取り付けのために購入した手持ちのフリーホルソー(自由錐)が使えそう。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

このフリーホルソーの穴あけ径は最大13cm。

目的のカットアウト直径14.5㎝に少し届かないのだけど、ストッパーゴムを取り外し、最大限広げれば対応できそうだ。

てことで、いざ!

 

 

ダウンライト取付でコツはつかんでいるため、サクッと穴あけは完了。

 

 

あらかじめ、取り回しておいたスピーカーケーブルを取り付け穴から引き出して接続。

 

 

穴にはめ込む。

 

 

で、ネジを締めると天井の中でクランプ(引っ掛けフック)が開いて、固定完了である。

 

 

リビングに取り付けたヤマハ製の天井スピーカーと同じ固定方法だ。

天井スピーカーの多くは、この固定方法を採用しているみたい。

 

 

取り付けできました。

ちなみにツイーターの向きは変えられません。

 

 

スピーカーグリルを取り付けたら完成。

 

 

スピーカーのフレーム部分に磁石埋め込まれていて、グリルをかぶせるとバチっと貼り付く。

ヤマハの天井スピーカーも同じ形式だったけど、今回のスピーカーの方が気持ち磁石が弱いような。。。

 

 

 

で、肝心の音質だけど、かなりクリアになりました☺

 

 

吊り下げスピーカーと違って、存在を主張してこないのが良い感じ。

スッキリしました。

 

 

サラウンドシステムのセットは、

「一式で音質がコントロールされているから、スピーカーだけ交換するとバランスが崩れて良くない」

って意見があるけど、今回は「成功」と言ってよさそう。

 

ちなみに、スクリーンに映っているのは、キネクトのRISE OF NIGHTMARES(ライズ オブ ナイトメア)っていうゾンビゲーム。

プレイスタイルによっては、かなりの運動になるし消費カロリーも表示されるから1週間ほど毎日やってたら,,,夢にゾンビが出た!!