これぞ文明の利器!コンクリートハンマーのすばらしさ

これぞ文明の利器!コンクリートハンマーのすばらしさ

コンクリートの破壊ってDIYの域を越えているのでは…

以前、私はそう考えていた。

 

コンクリートは一度固まると、もはや人力での破壊は絶望的。

ツルハシで少しずつ破壊するのは気が遠くなる。

文明の利器コンクリートハンマーが必須となる。

 

しかし、問題がある。

近隣のホームセンターでレンタルされてないのだ。

大抵の工具はレンタルされているのに!

 

こうして、「やむを得ず購入」もしくは「プロに頼む」の二択となった。

 

DIYブームの昨今だが、コンクリートハンマーを所持しているのは少数派、そして安い買い物でもない…

迷った末、、、

意を決して購入しました!

日立工機 ハンマ PH-40F

廃盤品ってことで、格安で売られていたブツだ。

 

現行機だとこちら↓

HiKOKI/ハイコーキ(日立電動工具) 電動ハンマー H41SA3 [六角軸:17mm]

 

 

購入には相当な迷いがあったが、やはり文明の利器はスバラシイ!

これまで、妻からのモルタル破壊措置命令をはじめ、幾度のミッションを、このコンクリートハンマーで難なくクリアしてきた。

これさえあれば、「セメントを使ったDIYでも、やり直しできる」という安心感も大きい。

 

購入して正解だった。

 

ただし、使っていると、イメージ通りにうまくハツれないシーンがあった。。

ハンマーの先(チゼル)の種類が適切でないのだろうか??

そこで今回は、代表的と思われる他の形状も試すことにした。

 

チゼルは工具なしでカンタンに交換可能だ。

 

押え金具の留め金のロックを押さえて、、、

 

留め金を浮かせて外し、チゼルを引き抜く。

 

で、交換したいチゼルに入れ替えて、再度留め金を装着すれば完了。

 

今回、試したチゼルはこの3種類。

↑どれも買って半年程度なのだが、この道30年くらいの年期を感じる(^-^;

鉄製なので、表面がすぐサビるのだ。

まぁ、強度には影響がないので気にしないようにしている。

 

 

まずはコレ。

Amazon   楽天市場   Yahoo!

 

一番効率が良さそうな①のタイプだ。

しかし、実際使ってみると、先端部の力が分散してしまうため、期待したような破壊力はない。

どちらかと言うと、コンクリート表面の付着物を削り取るスクレーパーのような用途向きである。

 

②のタイプは、力を一点集中できるので破壊力は最も大きく、コンクリートを破壊する用途に向くと考えられる。

ただし、叩き割れる限界を超えた厚いコンクリート(駐車場など)に対しては、穴をあける程度のダメージしか与えられないことも…

 

 

③のタイプは、タガネの形状。

ガレージ土間コンのハツリ作業では、

コンクリートカッターで切れ込みを入れてからこれでハツる」

という作業において、これが最も効率よくハツれました。

Amazon   楽天市場   Yahoo!

 

とまぁ、色々なチゼルを試したのだけど、結局ガレージの土間コンは、うまくハツることができなかった。その原因、それは・・・

 

コンクリートハンマーがパワー不足!

今さら感が強いが、明らかにこれである。

 

このコンクリートハンマーの打撃エネルギーは7J

このJ(ジュール)という単位はN・M(ニュートン・メーター)と同意、すなわち1Kgの物体に1m毎秒毎秒の加速度を生じさせる力である、と高校物理で習った。

が、イマイチイメージがわかない。

 

しかし、メーカーサイトなどを見ると、6Jまでのモノの主な用途が「フロア材やタイルの剥がし作業」とあった。

よって、私の持っているコンクリートハンマは、コンクリートを破壊する用途としては最低限くらいの機能なのだと考えられる。

 

今、検索したら、同じ日立工機の電動ハンマーで、70Jってブツがあった。

これさえあれば(。>д<)

まぁ、値段も高いし、現実的ではないんだけどね。

HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 ハンマ H90SG


Amazon   楽天市場   Yahoo!

 

ただ、自分の持っているコンクリートハンマの倍の14J程度の機種であれば、値段もそれほど高くないようだ。

どうせ買うなら↓これとかにすれば、土間コンのハツリ作業はもっと楽だったのだろうなぁ。。。

ガレージ土間コンのハツリ作業の失敗(妥協)は、己の無知による工具チョイスミスが原因でした。。。