スイッチ地獄に救いの手【リビングライコン】

スイッチ地獄に救いの手【リビングライコン】

照明によって部屋の印象はがらりと変わる。

我が家は色々な生活シーンに対応できるよう、リビングの照明を6系統にした。

 

さらに、調光や色調変更ができる照明も導入している。

↓1~5と、シーリングの計6系統

 

で問題となったのが、スイッチの多さだ。

6系統なので、単純に6個のスイッチが必要となる。

これをシーンに合わせ、その都度ON/OFFすることとなるのだが、、、

単純に全てをONにするだけでも、、、

パチパチパチパチパチパチ

明らかに面倒だ。

 

さらに調光となると、想像しただけで嫌になる。

 

そんな時に役立つのがこれ!

リビングライコン(以下、ライコン)というブツである。

 

リビングライコンのメインスイッチは1~4とON/OFFの計5つ

この1~4のスイッチそれぞれに照明の点灯パターンを記憶させることができる。

すなわち、いつでもボタン一つで設定を再現してくれるという優れモノなのだ。

 

 

うちは、リビングの照明6系統のうち、シーリングライト以外の5系統をライコンにまとめている。

 

例えば、ライコンスイッチの1を押せば、シーリングライト以外の照明が全点灯。

 

2を押すと手前だけ、

 

3を押すと奥だけ、

 

4を押すと全体が薄暗く点灯する、というような設定が可能である。

 

設定自体はごく簡単。

で、パネルを開くと中に照明5系統それぞれの調整スイッチがある。

 

ここで、1~4の設定したいボタンを押してから、各照明のON/OFFや調光を操作する。

これだけで、次回からボタン一つで前回設定が自動で再現されるのである。

1~6の6パターン記憶できるタイプもある。


 

 部屋の入り口には子器を設置。

 

OFF/ONボタンを押すと全消灯 → 消灯前の設定での再点灯が可能。


あまり使わないが、リモコンもある。

本体のスタイリッシュさに比べると、こちらのデザインはダサいと言わざるを得ない。

 

リモコンからは調光等の設定も変えることができる。


実際に採用した率直な感想を述べると、

「ライコンなしの生活は考えられません!」

機能面や使い心地については、不満点なし。

素晴らしい。

 

ただし!唯一不満なことがある。

導入コストだ。

今、ダイワハウスの明細を確認したら166,500円もしていた。

親器66,000円、子器15,000円、リモコン4,900円の計85,900円(定価)と、スイッチのくせに高額ということもあるが、まぁそれは仕方ない。

目に付くのは工賃の高さだ。

機器を定価で購入したと考えても工賃だけで約80,000円って高くないか。

 

当初、普通のスイッチ(コスモワイド)で見積もりを取っていたが、その後の仕様変更で、この上乗せ額である。

すなわち、純粋なライコン導入コストと考えてよいだろう。

いろいろなブログを検索した結果、他の住宅メーカーで建てた方々含め、皆さんやはり高額の導入コストがかかっているご様子。

ダイワだけがどうこうという話ではなさそうだ。

 

当初は、複雑な配線作業からくるコストがオンされているのかとも思った。

しかし、ガレージにDIYで導入した時に知りました。

通常のスイッチが一つになったといっても過言でないほど、従来スイッチと配線は大きく変わりません!

工賃は純粋な手間数で算出しているというよりも、導入機器の値段に比例して算出しているのではないか。

私はそういう疑念を抱いてます。

 

 

繰り返しになるが、その使い勝手はスバラシイ。

導入して良かった。

値段の高さに躊躇しても、照明にこだわってるなら(照明スイッチが多いなら)頑張って導入すべし。

その価値はあると断言できます。

 

が、今もし、ライコン設置をお願いした頃に戻れるなら、本体施主支給のうえ、工賃値切り交渉するな。

普通のスイッチ設置と手間はほとんど変わらないのに、何故こんなに高くなるのか、納得できる説明を求めたい( ̄^ ̄)