トイレ照明を換気扇連動のセンサースイッチにDIY!

トイレ照明を換気扇連動のセンサースイッチにDIY!

我が家の24時間換気は過剰である。

前回、そういう結論に達した。

 

24時間運転の換気扇は4台ある(トイレ、玄関収納、お風呂、脱衣場)。

このうち、トイレとお風呂は、悪臭や湿気を屋外へ排出する役目も担っているため、一見、24時間の連続運転が必要不可欠とも思える。

 

しかし、だ。

換気扇をずっとつけていると、冬場のトイレやお風呂は寒い。

 

そこのとこ、お風呂の換気扇は考えられていて、60分間だけ停止できる機能がついている。

すなわち、お風呂に入っている間は、寒い思いをしなくて済むのだ。

 

一方、トイレは24時間、換気扇を回しっぱなしである。

しかし、よく考えると、トイレの悪臭を排出すると言えど、24時間ずーっと換気し続ける必要はないのではないのか。

私のオナラは臭くないことで有名なのだ。

いや、臭くても良いのだが、それはトイレ利用後に一定時間換気すれば解消されるはずである。

 

トイレにはエコカラットを貼っている。

エコカラットには「気になるにおいや有害な物質を低減する」効果がある、とされているので、そういう意味でも、過剰な換気は不要と思われる。

 

ってことで、決まりました!

トイレの最中とその後の一定時間だけ換気扇を回すことにします。

 

・・・でも、毎回トイレの際に換気扇スイッチ押すのは面倒。

さらに、願わくばトイレ後も一定時間は換気扇を回し続けたい。。。

 

そんな悩みに応えてくれるスバラシイ製品がありました!

 WTK1614WK コスモシリーズワイド21


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

トイレに入ると自動で照明が点灯し、換気扇も回る。

トイレから出て一定時間経つと照明が切れる。

時間をずらして換気扇も自動でOFFできる。

 

トイレから出て照明が消灯した後に換気扇をONにするなど、換気扇の開始動作を選ぶことも可能。

これでトイレ中に換気扇が回って冬寒いってことも回避できる。

こりゃエエですな~

 

さっそく購入。

 

で、取り付け。

 

まず、既存のスイッチ取り外しから取り掛かる。

こちらが現状。

上が照明用の人感センサー、下が換気扇だ。

 

 

カバーを取り外す。

工具なしで引っぺがすのみ。

 

で、スイッチを固定しているネジを取り外し、古いスイッチから配線を引っこ抜いて、新しいスイッチへと接続する。

早い話、いつぞやかのスイッチ交換と同じ手順である

さすがにブレーカーは落して作業してます。

 

24時間換気のスイッチは3線式。

黒線が非接地側、白線が設置側、そして赤線が換気扇の非接地側である。

 

回路図は次の通り。

1と3に赤線と白線、0に黒線が接続されている。

 

で、これらの配線うち赤線のみを壁の内部を通し、照明用スイッチ側に接続する。

白線、黒線は既に照明用スイッチ部分にもあるため、わざわざ通す必要はない。

完成した配線は、こんな感じ↓

 

後は元の通り戻すだけ。

 

完成です!

24時間換気のスイッチは不要なのだが、取り去ると穴をふさがないといけないので、とりあえず取り付けたまま。

時間があったら取り外そう。

 

スイッチのパネルを開くとこんな感じである。

 

なお、上位機種もあって、こちらは明るさを軽減して点灯できる機能「ほんのり点灯機能」がある。

深夜にトイレへ行くとき、眩しすぎるのは嫌!!って人はこちらを選ぶと良いです。