パナソニックのスイッチを神保スイッチに交換したい!

パナソニックのスイッチを神保スイッチに交換したい!

注文住宅の良さは、何でも自分好みにできることである。

ただ、その自由度はハウスメーカーや工務店によって違うようだ。

某ハウスメーカーのセールスマンが、

「うちはスイッチも自由に選べるんですよ!」

と言ってた。

これを聞いて、「こだわりが活かせる」と思う人もいれば、「そんな小さな事どうでもええわ」と思う人もいるだろう。

 

ダイワハウスもスイッチを自由に選べる。

しかし、特にこだわりはなく、もっと重要と思われる多数の選択に頭を巡らしていたため、勧められるまま、ザ・標準のPanasonic製「コスモワイド」を採用した。

 

この「コスモワイド」スイッチ、建築業界では幅を利かせているようだ。

 

でも、、、一言で言うとスタイリッシュでない。

もっと言うとダサい(あくまでも個人的意見)。

無意味に入ったボーダー柄、スイッチを押したときのチャチい感触、どれもがイマイチである。

しまいには押したときの音まで気に入らなくなってきた。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態だ(笑)

 

そしてある日、とうとう交換を決意。

色々とネットで探した結果選んだのは神保電機のNKシリーズ スイッチ。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

選んだときは知らなかったが、このスイッチ、建築家とのタッグで家を建てる際によく使われるらしい。

自分のセンスが認められた気がして良い気分だ。

交換用のスイッチ部品は↓この3点。スイッチ本体と固定プレート、そしてスイッチカバーである。

 

 

早速、交換作業を行う。

必要な工具はプラスドライバとマイナスドライバ。

以上。

百均でも何でもいい。

 

まず、前面プレート部分に指をかけて「えいや!」と引っぺがす。

けっこう強引にやっても大丈夫。

これで壊れたことはないが、壊れたところで無用の長物なのだから「どーにでもなれー」と引っぺがすとよい。

で、上下についている小さい方のネジを緩めると、枠部分を外すことができる。

 

 

そこまで作業したら、以下の写真の状態となる。

ここでさらに上下のネジを外す。

 

ネジを外す時に、注意点がひとつ。

固定に「石膏ボード用はさみ金具」が使用されている場合は、ネジを完全にとってしまうと金具が壁の裏へ落下して回収困難となる。

コツは、まず下のネジを取り外す。

次に、上のネジを緩めてから、穴に手を入れて金具が落下しないようおさえ、ネジを外して金具も回収する。

まぁ、金具を落として回収不能になったところで、ホームセンターで100円くらいで買えるので安心してほしい。

 

無事外れたら、配線を引っ張り出す。

 

と、ここまでは無資格でもOK。

固いこと言うと、ここからは電気工事士が作業しないとダメなので、ご注意を。

私は電気工事士です。

スイッチの裏には丸い穴と長方形の穴があるので、長方形の穴の方にマイナスドライバーをぶっ刺し、横の丸穴に刺さっている電線を引っ張ると、スポット抜ける。

 

抜いた電線をそのまま新しいスイッチの丸穴に突き刺す。

 

もう一本の電線も同様に抜いて、写真の様になるよう新しいスイッチに突き刺す。

これらの作業をする際は、ブレーカーを落としておくのが基本。

自分は面倒なので通電状態で行った(コラ!)。

 

あとは、逆の手順でネジ止めしていくだけ。

 

完成!

至極簡単な作業だけど、無資格の人は有資格者に頼んでね。