金属を切るためにチップソーカッターを買った

金属を切るためにチップソーカッターを買った

金属の切断には、グラインダーが便利!

だけど、かなり強力なハンディータイプの機械のため、いつか怪我しそうで怖い。

そんな想いから購入したのがチップソーカッターであった。

 

当初は、高速切断機とどちらを買うか迷った。

が、「木材など金属以外も切れる」ってのが決め手となった。

マルチ機能に惹かれるのが、初心者のサガである。

(が、結局は金属切断用途にしか使わない落ち)

 

購入したのはシンコー(新興)というメーカーのモノ。

安価だが評判通り使い勝手は良い。

新興製作所 チップソー切断機 MTC-190


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

トリガーを引けば歯が回転し、離すとすぐ止まる。

この「すぐ止まる」のは、ブレーキ機能のおかげである。

チョットしたことではあるが、この機能の有無は大きい。

と、後にブレーキ機能のない「卓上スライド丸ノコ」を使用して痛感した。

スイッチから手を離した後も、何秒間か歯が回転し続けるので、止まるのを待たねばならず作業性が劣る。

ちょっとしたことではあるけど、じれったい!

スライド丸ノコもシンコー製を買えばよかったなぁと思う今日この頃である。

 

 

追記

購入してから1年間、チョイチョイ使用していたが、最近切れ味が悪くなってきた(気がする)。

恐らく、チップソーの代え時が訪れたのだろうと判断し、交換することにする。

交換するチップソーはコレ。

山真製鋸(YAMASHIN) スーパーオールマイティー ZERO 190mmx52P SPT-YSD-190SOZ

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

もう他の刃は使えない!!

が、キャッチコピーである。

ホンマかいな。

 

 

さっそく交換に取り掛かる。

まずは六角レンチでストッパーを外す。

 

で、チップソー自体を取り外す。

本体裏に、チップソーの回転を止める突起があるので、コイツを押さえながら・・・

 

チップソー中心部の六角ボルトをメガレンチなどで回して取り外す。

 

 

外れました。

 

 

古いチップソーの取り外しが完了すれば、あとは新品のチップソーを取り付けるだけ。

 

逆の手順で取り付けて完成。

多くのチップソーは、刃の回転方向が決まっているらしいので、間違わないように注意。

 

 

さらに追記

チップソー交換から半年ほど経過。

もう他の刃は使えない!!と豪語していた商品であるが、DIYユーズにもかかわらず、半年も経たずに切れ味が悪くなった。

切れ味の悪いチップソーは危険なので、また新しいモノに交換。。。

よく見ると、刃こぼれしてたー( ̄▽ ̄;)こわー

どおりで半年も使ってないのに切れ味が悪くなったわけだ。

 

今回は、当初ついていた刃と同じ形状のチップソーを選択。

値段は前回のモノよりも少し高い程度。

山真製鋸(YAMASHIN) メタルマスター 190mmx40P TT-YSD-190MM

Amazon  楽天市場  Yahoo!

長持ちするとイイナ~

 

さらに追記

交換後、1年以上経ちました。

チップソーカッターの使用頻度が減ってるのもあるけど、今でも切れ味は問題なし。

この値段で、この耐久性なら満足です(^^♪

 

この手の工具は「何か」が起こると大事故になりかねないので、いつまでも初心を忘れずに使いたいものです。