グルーガンでの取り付け部材をキレイに取り外したい!

グルーガンでの取り付け部材をキレイに取り外したい!

ホットボンドをキレイに取り除きたい。

そんな時は無水エタノールやライターオイルで剥離するか、加熱して柔らかくし除去するのが一般的。

 

このほど、机の角にホットボンドで貼り付けたクッション材を取り除くことになった。

この机、リビングで使用していたのだけど、その役目を終えて片付けることになったのである。

 

まずは、エイヤっとクッション材を引っぺがす。

そうするとホットボンドは机側に残る。

クッション材よりも、机との接着力が勝るためだろう。

 

 

この、残ったホットボンドを無理やり引っぺがすと、机の塗装まで一緒にハゲる危険性がある。

というかハゲました😅

 

コリャいかん!

てことで、加熱して柔らかくしたうえで取り除くことにした。

 

使うのはコレ!

ヒートガン。

 

安いことで有名な「タカギ製」。

なんと、妻のドライヤー(ダイソン製)の1/10の値段で買える。

そして、ダイソンドライヤーは強風設定で78℃なのに対し、こちらは500℃!!

圧倒的な熱さだ。

ヒートガンで髪を乾かそうとしたら、チリチリになるだろう(;^ω^)

高儀 EARTH MAN ヒートガン HG-1450A

Amazon  楽天市場  Yahoo!

ホットボンドの融点は80~150℃。

ヒートガンをあてて10秒もすればトロトロに溶けるので、古新聞などで拭きとってオシマイ。

 

この時、溶けたホットボンドが手につくと熱いので注意(当たり前か)。

まぁ、ちょっとくらいの付着なら、すぐに冷え固まるため、火傷することはないけどね。

 

キレイに元通りとなりました。

 

ヒートガンの代わりに普通のドライヤーでもOK。

普通のドライヤーの場合は、風量「弱」の方が高温となるため、「弱」の設定で使うと良い。

 

手持ちの安いドライヤーでも試してみたところ、ヒートガンよりも時間はかかるものの、ホットボンドを柔らかくして除去することはできました。

ぜひお試しあれ。