グルーガンでの取り付け部材をキレイに取り外したい!

グルーガンでの取り付け部材をキレイに取り外したい!

ホットボンドをキレイに取り除きたい。

 

このほど、リビングで使用している机を撤去することになった。

この机の角にはホットボンドでクッション材を取り付けている。

 

まずは、エイヤっとクッション材を引っぺがす。

そうするとホットボンドは机側に残る。

クッション材よりも、机との接着力が勝るためだろう。

 

この、残ったホットボンドを無理やり引っぺがすと、机の塗装まで一緒にハゲる危険性がある。

ホットボンドをキレイに除去するには、加熱して柔らかくしたうえで取り除く必要があるのだ。

 

そこで使うのがコレ!

ヒートガン。

 

安いことで有名な「タカギ製」。

なんと、妻のドライヤー(ダイソン製)の1/10の値段で買える。

そして、ダイソンドライヤーは強風設定で78℃なのに対し、こちらは500℃!!

圧倒的な熱さだ。

ヒートガンで髪を乾かそうとしたら、チリチリになるだろう(;^ω^)

高儀 EARTH MAN ヒートガン HG-1450A

Amazon  楽天市場  Yahoo!

ホットボンドの融点は80~150℃。

ヒートガンをあてて10秒程度でトロトロに溶けるので、古新聞などで拭きとってオシマイ。

 

この時、溶けたホットボンドが手につくと熱いので注意(当たり前か)。

まぁ、大量に付着しない限りは、すぐに冷え固まるため、火傷することはない。

 

キレイに元通りとなりました。

 

ヒートガンの代わりに普通のドライヤーでもOK。

この場合、風量「弱」の方が高温となるため、「弱」の設定で使うと良い。

 

手持ちの安いドライヤーでも試してみたところ、ヒートガンよりも時間はかかったが、ホットボンドを柔らかくすることはできた。

ぜひお試しあれ。