トイレ勝手に壊れる事件! 自動トイレは手動ダメ!?~事件発生編~

トイレ勝手に壊れる事件! 自動トイレは手動ダメ!?~事件発生編~

我が家のトイレはTOTOのネオレストRHである。

このトイレ、人を検知してふたや便座が自動開閉する

さらに、用を足した後は自動で流してくれる

 

正直、そこまでしてもらう必要はない、過剰サービスだ、と最初は思った。

が、最近ではすっかり慣れてしまった。

逆に、外出先の自動でないトイレで流すのを忘れそうになるくらいだ。

 

そんな快適なトイレが、ある日、突然壊れたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

その瞬間も目撃した妻曰く、

「便座の自動開閉のときに、根元部分がバキッという音ともに折れた」

とのことだ

 

破損したのは便座右側の軸受け部分。

開閉のためのモーター軸が内蔵された方である。

 

妻から話を聞く限りでは、トイレが勝手に動いて勝手に折れたのであって、使用方法に非があるとは思えない。

とは言え、保証期間は少し前に超過したところ

 

修理ってどれくらいかかるなかなぁーって思いながらネット検索してたら、同様の現象に見舞われている人々がいて、便座取り替えで2万円程かかったようだ。

う~む、それ位なら修理を頼んだ方が良いかなぁ( ・ε・)

てか、製品の欠陥じゃねーのこれ。

 

自分で交換する選択もあるかと思い、便座パーツを探したが、見つからず。

便ふたは多数ヒットするんだけど、便座は専門業者が取り換える想定しかされてないのかな??


 

 

要は便座と軸を固定したらよいだけなので、無理やりエポキシ樹脂等を使って修復することも出来るだろう。

しかし、それは最終手段である。

とりあえずダイワハウスのお客様サポートセンターに連絡してみることにした。

で、以前問い合わせた時と同様にオペレーターとやりとりして、数日後に業者さんが来てくれることとなった。

この時点で、費用については「必要となる場合があります」という案内であった。

 

修理を待つ間は、便座の自動開閉のみならず、ウォシュレット、自動洗浄も使えない。

モーター軸受け部分が破損すると、自動と名の付く機能が軒並み使えなくなるのだ。

軸に負荷がないと、常に便座が上がっていると判断してしまうためらしい。

 

かつて過剰とも思われた自動サービスが、突然なくなって、元に戻った。

それだけのことで、たいしたことはない、はずだったのだが・・・

 

無意識に自動機能が働くのを待ってしまう(^_^;)

 

トイレに入ったら勝手にフタが開いて、便座を立ったら勝手に流れて…

そんな一連の流れに私の体は慣れきってしまっていたのだ。

こりゃ地味にストレスである。

続く。。。