コンセントの口数を増やしたい!

コンセントの口数を増やしたい!

タコ足配線は見た目に美しくない!

実家には、日常的にタコ足のコンセントがある。

 

これは、そもそも壁のコンセント口数が足りないのが問題だ。

使用頻度の多いコンセントが、一般的な2口コンセントでは、明らかに足りないのである。

そこで、2口を3口に増やすことにした。

 

まず、カバーをスイッチの付け替えの時と同様

にバキッと引っぺがす。

 

次にネジ類をすべてとってカバーの台座も取り外す。

 

コンセント部分を引き出す。

 

で、写真のように穴にマイナスドライバーをぶっ刺して白い線と黒い線を引っ張れば・・・

 

スポンと抜ける。

この時、誤ってショートさせないよう、ブレーカーを落として作業するのが鉄則。

のはずなのだが、プロの作業を観察していると通電したままで作業する人が思いのほか多かったりする(^^;)

かくいう私も・・・

いや、感電事故は本当に怖いのでブレーカーは落としましょう!

 

ちなみに、ブレーカーを落とさないプロは必ず一本ずつ抜いて新しいコンセントに突き刺すことで、ショートする危険性を最小限に押さえていた。

 

あとは元の通りネジ止め。

 

さらに枠とカバーを取り付けて完成!

とまぁ、誰でもできる作業である。

こうしてものの10分も経たずに口数を増やすことができた。

 

なお、この作業は電気工事士の資格が必要だ。

至極カンタンな作業であるが、まぁそうなっている。

資格取得は少し勉強すれば、比較的カンタンなので、興味のある方はぜひ。