イナバガレージの組み立てはプロにお願い

イナバガレージの組み立てはプロにお願い

優雅なガレージライフを送りたい。

そんな憧れと、物置スペースが必要という必然性からガレージ購入を決断した。

 

購入したのはイナバガレージのガレーディア。

3631・52hというタイプで、要するに間口が3.6mと3.1mの2連、奥行きが5.2m、天井が高いタイプだ。

 

組み立てはプロに依頼。

自分でもできそうな気はしたが、さすがに一人では無理だし、重機もいるし、、、

ってことで、ビビってしまったのである。

 

庭の雨水桝の設置後、ガレージ設置工事が開始された。

 

まず、基礎ブロックの設置。

 

土間スペースに砕石が填圧され、基礎ブロックも完成。

 

電源用のCD管が地中に敷設されていた。

ガレージ内では電源が必須なので、コンセント設置をお願いをしているのだ。

イナバガレージのオプションには、電源設置はないが、お願いすれば大抵の施工業者は対応してくれるはず。

でも、ガレージ完成後、自分で追加で電源引き込みをしたので、今から思えばすべて自分でした方がお得だったな。

 

ガレージ後ろ側はスペースをあけても仕方ないので、際々まで寄せている。

 

てことでここまで2日で完成。

 

そして翌日、夕方に現場を見てみると、ここまで完成していた!!(゚д゚)

さすがプロ!速い。

 

屋根部分はすでに完成。

シャッターも装着されている。

クレーンでの作業をまとめて済ませたってとこかな。

 

壁は最小限が設置されているといった感じ。

 

柱はヒョロこくて、なんだか心細いような気もするが、丈夫を売りにするイナバなので、まぁダイジョブなのだろう。

 

柱の根元部分は、まだむき出し状態。

 

コンクリートで埋められる前は、こんな形状だったのね。

 

奥側は、隣のフェンスギリギリまで寄せているが、内側からの作業がほとんどのため、作業性は悪くなさそう。。

なお、このスペースは雑草対策として、後日コンクリートで埋めてもらった。

 

オプションの扉や窓は付けなかったので、完成引き渡しの際は3面すべてが壁に覆われている予定。

そのうち自分で窓や扉を付けたいなぁ。

つけました

 

内部は、土間コンクリートを張る前

 

屋外コンセントから、ガレージ内へ電源を引き込んでもらっている。

 

そして翌日、内部に土間コンが張られた。

土間コンには、勾配がつけられている。

「ガレージ内の水はけのため」と説明を受けて、その時は納得したけど、冷静に考えればガレージ内に水が溜まるような使用方法は想定されないので、フラットにすべきであった。

1度程度の勾配とは言え、奥へ行くにしたがって、天井は低く、地面は高くなるので狭い印象を持ってしまう。

土間コンはやり直しが困難なので、考えれば考えるほど後悔してきた。

失敗したな~。

 

こうして、ガレージが完成!

 

お隣の境界ギリギリまで寄せた後方部はこんな感じ。

 

前面はカーポートとつながるイメージだったが、隙間がある。

カーポートが完成するまで、こんな仕様になるとは知らなかった。

悲しい・・・

 

どうせ隙間ができるなら、もっと大きく離してくれた方が何とかしようがあったのになぁ。

この隙間からは、当然、雨が落ちてくるのだけど、これが地味に気に障る。

現在、何らかの打開策を検討中だが、妙案は浮かばんなー。