テラスパネルDIY【4】視覚的に広いリビングへ!エバーアートボードDIY

テラスパネルDIY【4】視覚的に広いリビングへ!エバーアートボードDIY

あまり作業が進まない今日この頃。

今週末こそは、一気にボードを貼ってしまおうと決心した

 

ボードは縁を目地材で押さえ、さらに支柱へネジと接着剤で固定する。

やや過剰な固定にも思えるが、台風の風で倒壊したらシャレにならないので、ここは妥協無しである。

 

接着剤はボードメーカーの推奨品「セメダインPM165-R」を使用。

そんなに高くない。


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

この接着剤は、コーキングガンで押し出すタイプ。

よって、コーキングガンが必須となるため、ホームセンターで安いヤツを購入した。

と言っても、メーカー製でも1,000円程度だし、チョイチョイ使うので、もう少し良いモノを買った方が良かった気がする。
Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

接着剤をぬりぬり。

 

塗り塗り

 

接着剤を塗り終わったら、満を持してボードを取り付ける。

 

まずは、ボードの縁を見切材へ差し込む。

文字で書くと簡単だが、これがヒジョーにキツイ。

ハシゴ上での作業、そして通常よりも長い2.5mものボードで、その重量は5.4Kg。

2人で作業すれば良いのだが、助っ人がいないので一人で作業せざるを得ない。

 

試行錯誤した結果、仮止めテープを駆使することで、何とか作業ができた。

 

一枚目が無事はれた!

 

同様に2枚目を貼る。

 

2枚目はコツがつかめたので、かなり作業が早い。

 

三枚目

 

とりあえず、4枚完成!

 

次は両サイドのボードを貼る。

難易度は高めだ。

と言うのも、今回はボードの切り詰めをする必要があるのだ。

高価なボードを切断するため、失敗するとショックがデカい。

失敗できないっていう意味で難易度が高い(;^ω^)

 

これまでにないほど慎重に丸ノコで切断。

ボードのメーカーによると、カッターナイフでも切断可能らしい。

ただ、石膏ボードを切った時の経験上、カッターナイフで綺麗に切断するのは楽でないと思われる。

 

 

切断したボードを見切り材の溝にはめる。

ボードは1mもあれば、たわみを活かして溝にはめることができるのだが、今回は60cm程しか幅がなく、全然曲がらない。

 

仕方ないので、下方がらはめ、そこから上へスライドさせて設置することに。

 

ボードの下からあて木をしてゴムハンマーで叩き、ボードを上へスライドさせる。

 

何とか1枚設置完了。

 

ボードの下に見切り材を入れて、次のボードを再び同じように設置する。

 

 

ネジは同系色のモノをホームセンターで購入した。

目立たないものを買ったつもりだったのだが、正直目立つΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

後日、タカショーが販売している「ダークパイン」色のネジを使用してみた。

 

うーむ、やや目立たなくなった。かな・・・

まぁ気にするから目立つのであって、気にしなければ目立たないと考えよう。

 

 

だんだん形になってきた。。。

ボードを貼ると、だいぶ雰囲気が出るな。

 

下段は地面の改良を行ってから貼ろうかとも思ったが、貼りたい衝動に駆られて、、、

結局、貼ることに。

 

目地はあえてステンカラーをチョイスしたので、気になるかと危惧したけど、思惑通り高級感が出せて良かった。

まぁステンカラーを強く推したのは妻なんだけどね(;^ω^)

 

とりあえず完成。

なかなか大変でした。

ちなみに、柱で5万円くらい、ボードが約25,000円×6枚と約20,000円×1枚、目地やボンド等色々加味すると、少なく見積もっても25万ほどかかったかな。

安くはないけど、見た目は良くなりました。

 

結論

エバーアートボード施工は結構簡単だけど・・・

部材が高いので、心理的ハードルも高い(;´・ω・)

 

【この話題の最初の記事へ】