テラスパネルDIY【2】視覚的に広いリビングへ!エバーアートボードDIY

テラスパネルDIY【2】視覚的に広いリビングへ!エバーアートボードDIY

テラスの5thルーム化、2日目。

1日目に続き、2本目、3本目の支柱設置のため、がむしゃらに穴を掘る。

かなりしんどい。

 

穴を掘ったら、1本目と同様に支柱を建て、モルタルを流し込む。

モルタルの配合比はセメント:砂=1:3

DIY初心者らしく、最初はちゃんと量って配合していたが、そのうち目分量で配合するようになった。

ちゃんと量るのが面倒になったとも言う。

 

モルタルは最初、セコセコとバケツ内で作っていた。

しかし、すぐに面倒になって、トロ舟+撹拌機でガシガシ作成。

辺りにモルタルが飛び散りまくる。

時折、外構工場の現場で見る風景だ。

作業員の心境が少しわかった(笑)

 

そうして2本目も完成!

3本目に着手。

 

掘り返した残土も大量になった。

 

トロ舟内で攪拌しきれてなかった部分は直接穴の中で攪拌(‘ω’)

うーむ、こんなことならコンクリートミキサーを買っといたらよかった。

 

ようやく3本目も完成。

DIY初心者なので、慎重に作業してたこともあって、実はこれだけで3日もかかってたりする(;^ω^)

 

作業終了後は面倒だけど、ちゃんとモルタルを洗い流そう。

そうしないと次回、猛烈に後悔する結果となります(;^ω^)

 

撹拌機はかなり酷な使い方をしているが、折れや欠けが全くない。

なかなかのタフさだ。

気に入った。

 

さらに後日、サブの支柱を2本建てた。

サブなので、基礎も簡易なもの。

無くても良い気がするが、強風で破損したら悲しいので、オーバースペック気味に作っておくことにした次第である。

 

 

作業をしていて気付いたことがある。

プロの施工したホームヤードルーフ本体の基礎がかなり小さいのだ

 

地表から見たら小さいけど、地中では大きいと思ってたら、、、

 

な、なんと!

地中の基礎はさらに小さかった。

こんなの施工で良いのか!?

 

もう一度、施工説明書を確認してみる。

うーん、これだけ見ると、やっぱ基礎の大きさが不足してる気がする(´・ω・`)

A=400mm

 

diyの基礎がオーバースペック過ぎなのか。

外構屋さんの基礎が小さすぎるのか。

前者であることを祈るばかりである。

 

とりあえず、施工5日間でここまで終了。

 

(後日追記)

この作業、多大な時間がかかったけど、まぁDIY初心者にしてみれば上々なのではないでしょうか。

施工から数年、DIY中級レベル?に達した今の私はそう思います。

 

【続きの記事へ】 【この話題の最初の記事へ】