ブログでWeb内覧会「お風呂」

ブログでWeb内覧会「お風呂」

お風呂はTOTO

いろいろとショールームでお風呂を見た結果、メーカーの違いがそれほどないように思われた。

基本、どのメーカーも「汚れが落ちやすい」「浴室に入った時冷たくない」のようなことを売りにしているので、はっきり言って違いがよくわからない。

そんななか、床材に関してはTOTOの「ほっカラリ床」が抜きんでていた。

おふろの床らしからぬソフト感に心奪われた我々は風呂をTOTOにしたのであった。

 

風呂の広さは1.25坪タイプ。

少し余裕のある大きさである。

実家のお風呂は1坪タイプ。

それと比べると、だいぶ使い勝手は良い。

逆にこれ以上広いと掃除がたいへんなのでちょうど良かったと思う。

 

浴槽はちょっとリッチにワイドタイプ。

底の部分は狭くなっているので、湯量的にはそれほど変わらないかな。

なんとなくだが、ゆったりした気分にはなれる。

浴槽の素材は高級感が出るという理由で人工大理石を選択。

 

一面だけアクセントに黒いパネルを採用。

白と黒で明暗つけすぎかなとも思ったが、けっこうシャープでスッキリして気に入っている。

 

 

風呂はできるだけ要らないものは付けない方が掃除しやすい。

カウンターは使う習慣がないため、付けたくなかったのだが・・・

付けないという選択はできない、とのこと。

「壁面パネルに既に穴が開いているから」というのが理由だったような気がする。

仕方がないので、浴槽との統一感を維持するため、人工大理石のものを選んだ。

 

シャワーヘッドはTOTOのエアインシャワーヘッドとやら。

「従来のシャワーと比較すると約35%節水ながら、従来どおりの浴び心地」

が売りである。

 

水栓側本体にも節水弁がある。

ダブル節水だ!と喜びたいところであるが、はっきり言って、

全く「従来どおりの浴び心地」ではない!

特に寒い季節は「シャワー当たってるのに寒い」という、言いようのない苛立ちがこみあげてくる。

あんまりなので、水栓本体側の節水弁を排除した。

結果、宣伝文句のとおり「従来どおりの浴び心地」になりました。

 

風呂ふたは3点留め壁掛けタイプ。

壁掛けには1点留めタイプと3点留めタイプがあるそうで、3点留めの方がふたが乾燥して良いらしい。

しかし、ふたをここにセットするのにはコツがいるのが難点。

もう少し何とかならんのかなぁ。

 

ガスタイプの浴室暖房乾燥機を装備しているが、もっぱら換気扇としてしか使ってない。

冬場はお風呂前に浴室暖房をかけておくと、最初から暖かくて良いけど、そこまでは求めてないかな。

ただし、高齢のご家族がいる家庭であれば、ヒートショック防止に役立つだろう。

 

乾燥機能もあるが、

乾太くんで乾燥できないような大型マットなどを干すのに時々使う程度。

物干し竿は取り外したまま。

 

照明は1個だけ。

設計段階では、暗くないのか心配だったが、今のところ不満はない。

 

掃除のときに便利な取り外し式可能な棚は追加したものを含め4つ設置。

掃除のことを考えると、出っ張りは少しでも少ない方が良いのだけと、シャンプーとか置きたいし…

 

本当はプッシュ水栓を付けたくて、営業さんにTOTOとだいぶ掛け合ってもらったのだけど、結局叶わず…

今のところ、お風呂には大きな不満はないんだけど、それだけが残念である。。