机の脚

机の脚

うちで15人くらいの宴会をすることになった。

この熱いのにメニューは何故かカレー。

これだけ大量だと給食を作っているみたいだ。

机はひとつだと狭かろうと思って、勉強用(?)の高脚机も利用することにした。
高脚机の長い脚の代わりに短い脚を作って装着する作戦である。

まずは近くのコメリンコで木を購入し、電ノコでぶった切る。

テキトーに切ったせいか、水平機で確認すると全然垂直に切れていない(^_^;)

仕方ないのでサンダーで微調整を行った。
サンダーはなかなか便利である。

次に脚をどうやって天台基部に固定しようか悩んだ結果、オニメナットを使うことにした。
(この発想にたどり着くまでに若干の紆余曲折があるが割愛)

新たな脚となる部分にオニメナットをグリグリ装着する。
けっこう荷重のかかる部位だが、こんなんで持ちこたえられるのであろうか・・・

あとは軽くニスを塗って完成である。
頭の中のイメージでは綺麗にニスが塗れるはずだったのだが・・・
あえなく失敗した。
やっぱり筆で塗るのは難しいわ。
時間もないので、適当にサンダーかけて机に付けることにした。

構造的には何となくいけそうである。
しかし、見た目がきたない。
おとなしくスプレータイプのニスにすれば良かったと悔やまれる。
スプレー塗装なら絶対うまくいったんだが・・・(負け惜しみ)

とりあえずは完成!
組むまでは強度に不安があったけど、結構丈夫そうである。

実際、飲み会のゴタゴタにもしっかり耐えれました。
同じく強度に不安のあったカーテンレールはあえなく破壊されたけど(^_^;)

今回の飲み会でわかったこと
暑い時期にカレーやっても、あまり売れない