文化シャッターはリモコンがコンパクト!でも電池交換が必要・・・

文化シャッターはリモコンがコンパクト!でも電池交換が必要・・・

うちのシャッターは文化シャッター製である。

シャッター業界において、文化シャッターのシェアは2位、三和シャッターが1位らしい

 

シャッターの違いはよくわからないが、ダイワハウスでは、どちらのメーカー製のものも採用可能。

うちは、単純に安いって理由で文化シヤッターとなった。

 

こちらが文化シャッターのスイッチ。

Panasonicのスイッチ(コスモワイド)規格のため、照明スイッチとの統一感が出せる。

開閉操作やタイマー設定は、このスイッチで行うこととなる。

 

デザインは好き嫌いがあるので、あえて何も言わないでおこう。

が、操作性は正直なところイマイチ。

シャッターの開閉スイッチは文句ないのだが、時刻設定のボタンが押しにくいし、戻るボタンがないのが不満である。

 

さらに、このスイッチ、有線スイッチのくせに電池駆動なのである。

壁に埋め込むのだから、家庭電源を使用すれば良いのに、なぜなんだ!?

 

おかげで、電池交換は避けて通れない作業となる。

 

電池切れが近づくと、液晶画面の電池マークが点滅する。

 

シャッターのスイッチは計6か所あるのだが、同じ条件で使用しているので、電池が切れるタイミングはだいたい同じになる。

数か月前、我が家のスイッチの電池マークは、すべてが点滅状態となった。

この状態になったら、さっさと電池交換すればよいのだが、最後まで電池を使いきりたいというケチエコ精神により、そのまま使用していた。

 

そしてこのほど、夜になっても上がりっぱなしのシャッターがあって、リモコンをみたら表示が消えていた。

完全に電池がご臨終となったようだ。

 

なお、電池が消耗した状態で使用し続けると、シャッターがタイマーで設定した時刻に動かないなど正常な動作をしないことがあるらしい。

 

で、電池交換であるが、マニュアルによると、

「小型のマイナスドライバーなどで化粧カバー下端をひっかけ、化粧カバーを外します」

とある。

 

でも、その方法だと、プレートが傷付きそう・・・

てか、使用上、絶対避けられない電池交換なのに、難易度が高い気がするのは私だけであろうか。

小型のマイナスドライバー自体を持っていない家庭も少なくないのでは?

 

ってことで、小型のマイナスドライバーがなくても交換可能な方法をお教えしよう。

化粧カバー回りのプレートに指をかけて・・・

 

えいやっ!

っと引っぺがします。

「割れないだろうか」と心配になるかもしれないけど、大丈夫!

これまで、コンセントカバー含めて100回くらいは引っぺがしてるけど、一度たりとも割れたことはありません。

 

プレートを取り外した状態がこちら。

注意点としては、引っぺがすときにプレートの台座部分は引っ張らないこと。

カンタンには壊れないけど、それでも無理に引っ張るとネジ止めされている付近が割れます。

まぁ、万一割れたとしても、ホームセンターで数百円で売ってるので心配ご無用。

 

あとは、化粧カバーを引っ張ると、、、

 

カンタンに外れます。

 

スイッチ下の黒い部分が電池ホルダー

 

電池ホルダーを引っ張って取り外します。

 

使用されているのは、コイン型リチウム電池(CR2032)。

電池の+マークが下側になるよう、新しいものと交換。

 

百均電池は「当たりはずれ」があるとか聞いたので、パナソニック製を購入。

 

電池を交換した後、電池ホルダーを差し込むと、、

おお!表示が復活した。

電池を入れ替えたのだから当前なのだが、なんかうれしい(;^ω^)

 

あとは化粧カバーを元の通り取り付ける。

化粧カバーは4 箇所のツメをかけて取り付ける構造となってます。

完成~

 

と思ったら、電池交換後はリセット操作が必要とのこと

 

【リセットの方法】

「時」ボタンを押しながら「分」ボタンを 3 秒間押す。
液晶の数字とアイコンが一斉表示したら、リセット完了