ガレージ床をタイル張りにDIY①【構想編】

ガレージ床をタイル張りにDIY①【構想編】

イナバガレージの床は「勾配のある土間コン」だ。

業者にガレージ設置をお願いしたとき、勾配をつけてほしいと願い出たわけではないが、そうなっていた。

ガレージ床に勾配をつけるのは業界では常識の域なのかもしれない。

言うまでもなく、勾配をつけるのは水を内部で滞留させないためである。

うちのガレージ勾配を確認すると2%であった。

 

近頃、私は思う。

 

勾配さえなかったら!!

 

当初、2%の傾きなんて大したこと無いと思った。

ガレージの奥行は5.2mなので、一番奥は入り口よりも約10㎝高い程度である。

 

が、実際に立ってみると、鈍感な自分でも傾いていると感じる。

調べてみると、多くの人が、0.6~1.0%の傾きで気付くそうだ。

 

熊本地震で地盤が液状化して、家が傾いてしまった方の健康被害を調査した論文によると、

「0.6%を超える傾斜では、回答者全員に健康障害が発症した。0.9%までの傾斜では、牽引感、ふらふら感、疲労感、不眠が、1%を超える場合には吐き気や食欲不振、頭痛など身体機能に大きく関係する症状があらわれていた」

とある。

 

ガレージで生活してるわけではないので、健康被害が発生することはないだろう。

が、そもそも勾配なんて不要である。

ガレージ内で水を流す事などあるだろうか!?

 

こうして、私は勾配をゼロにする決心をしたのであった。

 

計画は以下の通り。

 

まず、こちらが現状。

床に2%の勾配がついている状態である。

作業はまず、ガレージ入り口の高さにあわせ、全体の土間コンをはつる。

「はつる(斫る)」とは、そぎ取る、削り取ること。

ビルの解体現場からガッガッガという図太い音を聞いたことがないだろうか。

あれが、「コンクリートブレーカー」とか「コンクリートハンマー」と呼ばれるコンクリートをはつる機械の音である。

こうして、水平となったガレージの床の仕上げにタイルを水平に貼る。

以上。

文章で書くとカンタンだ。

 

一応、ガレージ土間コンをDIYではつった先人を検索したが、該当なし。

カーポートなどの支柱を立てるため、50cm角くらいのスペースをはつっている事例はいくつかあるが、広範囲での事例はないのである。

 

やむなく、我流で作業を開始する。

 

はつる道具としては手頃なものに「つるはし」がある。


が、これはあまりに無謀。

ちょっとした穴掘りとかには便利なんだけどね(^^;

ってことで、これを使います。

日立工機 ハンマ PH-40F

Amazon  楽天  Yahoo!

「フェンスDIY失敗事件」の際、妻からのモルタル破壊措置命令により購入したコンクリートハンマーである。

先端部分(チゼル)がガガガって感じで、高速で前後し、コンクリート等を叩き割る機械だ。

このコンクリートハンマーの場合、打撃数は1分間に3,000回!

 

つるはしを1分間に3,000回打ち下ろすようなもんなので、その効率の良さは比にならない、はず。

 

とりあえず、土間コンはつりに着手。

ガガガガガガ

凄まじい音と粉塵が舞う。

 

そして、開始早々に悟った。

 

全然ダメだ、ラチがあかん!

 

そう、詳しい人ならすぐにピンときたかと思うが、この程度のコンクリートハンマーでガレージの土間コンをすべて破砕するなんて無謀すぎたのであった。

こうして、計画はあえなく見直しを余儀なくされたのである。

土間コンとの長くて過酷な戦いが始まったのであった。。。