駐車場が暗い!カーポートに人感センサーライトを取り付ける【その2】

駐車場が暗い!カーポートに人感センサーライトを取り付ける【その2】

暗いカーポートに照明をつけるべく奮闘中。

手っ取り早く照明をつけるなら、電池式のセンサーライトという手もある。

↓例えばこんなの。

しかし、私はスタイリッシュさを追及したい!

そんな想いで選んだのが、こちら。

ダウンシーリングライト プラチナ


Amazon  楽天市場  Yahoo!

この照明をカーポートの梁(はり)に直付け、配線を梁内に通すことで、スッキリした純正っぽい外観にする狙いである。

ひとつの梁に2つの照明を取り付け、うちひとつは人感センサータイプとする。

配線イメージはこんな感じだ。

 

まず、梁の端にあるアルミ製のフタを取り外す。

フタは3ヶ所のネジで固定されている。

さらに本来ならコーキング材で防水処理されているので、ネジを取り外した後、マイナスドライバー等で、こじって取り外さなければならない。

 

 

、、、うちのカーポートは、コーキング処理されてませんでした(゚Д゚#)

おかげで梁内部で結露しまくり。

どうりで、梁の継ぎ目から雨漏りしてた訳だ。

 

 

気を取り直して、取り外したフタに電源ケーブルを引き込むための穴をあける。

作業台にしっかり固定して、まずは鉄鋼用ドリルで小さな穴あけ。

マジックで汚い◯を書いたあたりが、穴あけの目安箇所だ。

 

ここからは普通のドリル径よりも太い穴(径30mm程度)をあけるので、ホールソーが必要である。

フタはアルミ製。本来は鉄鋼用のホールソー使うのが理想だ。

私は木工用しか持ってません。

木工用ホールソーセット

Amazon
楽天市場
Yahoo!

鉄鋼用ホルソーセット


Amazon
楽天市場
Yahoo!

この際なので、鉄鋼用の購入も検討したけど、使う機会が少ないし、何より高い!

ここは無理やり木工用を使うことにした。

ホールソー的には、よろしくないと思うが、アルミは鉄よりも柔らかいし、まぁ大丈夫であろう。

 

先程の穴を下穴として、ドリルオイルを滴加しつつ、木工用ホールソーで大穴をあける。

 

強く押し付けず、削っていくイメージ。

 

意外と、たいした苦労もなく穴あけ完了。

木工用ホールソーも破損しなかったので成功と言えるだろう。

 

 

次に、電源ケーブルを梁の内部へ引き込む。

照明の取り付け位置には、既に穴あけ済み(【その1】参照)

なので、そこから通線ワイヤーを突っ込み、梁(はり)の端まで到達させる。


Amazon
  楽天市場  Yahoo!

 

で、梁の端でケーブルと通線ワイヤーをつないで引き抜き、ケーブルを通す。

単にケーブルを通すだけの作業なんだけど・・・途中でどこかに引っかかり、引き抜けなかったりで、なかなか思い通りに通線できない。

シリコンスプレーを使って通線ワイヤーやケーブルの滑りを良くすることで、かなり作業性は向上するのだけど、もどかしい~😫


クリンビューテクノプラス シリコンスプレー 

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

なんだかんだで、30分くらいかけて、なんとか通線が完了。

 

梁の内部の空間は広いから、それほど苦労しないと思ったんだけど、いろいろな所に引っかかってカンタンではなかった。

 

先ほどホールソーで穴あけした梁のフタに電源ケーブルを通し、梁にネジ止め。

コーキング剤による防水処理も行う。

さらに、丸型露出ボックスを取り付け。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

VE管で、前回設置したアウトレットボックスと接続、電源ケーブルを通す。

 

アウトレットボックス内で、結線及びスイッチを設置。

 

人感センサーによる自動ON/OFFなので、基本的にはスイッチは使用しない。

何らかの理由で電力供給をカットしたい場合を想定し、念のため取り付けておく程度のモノなので、アウトレットボックス内で十分である。

 

アウトレットボックスのフタをネジ止めしたら完成。

 

 

次に、照明本体を取り付け。

まずベース部分。

照明カバーを外し、さらに本体からベース部分を取り外す。

 

 

ベース部分は梁にネジ止め固定するのだが、取付面とのスキマは、防水シール剤(コーキング剤)で埋めておく必要がある。

 

↓こちらが取説の防水処理イメージ

 

実際にコーキング材をつけた結果がこちら・・・

うーむ、イメージと違うな。

まぁ、しっかり防水処理ができてれば良いでしょう(;^ω^)

 

梁への固定はドリルネジを使用。

ベース部分の設置向きで、照明の向きも決まるので注意。

 

ベース部分の設置完了!

マニュアルの指定どおり、ケーブルを120mm程度引き出しておく。

 

もう一ヶ所も同様にベース部分を設置。

 

1日置いてコーキングが固まったら、照明本体を取り付ける。

ここからは既定の作業なので、すいすい作業が進む。

ケーブルの被服線をむいて照明本体のコネクターに突っ込む。

 

ベース部分と照明本体は専用ネジ2本で固定。

 

カバーをつけたら完成~

 

色合いもそれほど違わず、純正っぽい仕上がりになりました。

おおむねイメージどおりです。

 

2つめの照明の取り付け。

 

こちらは人感センサータイプ。

数千円高い。

Panasonic 軒下用ダウンライト LSEWC4069LE1


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

人感センサーのため、発光面が少し少ないが、光量は変わらない。

 

点灯モードはテストモードも入れて7種類。

カバーをつける前にダイヤルにより設定する方式だ。

とりあえず「周囲が暗いときにセンサー感知した時だけON」のモードである「1」のダイヤルにあわせておいた。

 

そのほかのモードは以下の通り。

・周囲が明るめの時間からセンサー感知した時だけON
・周囲の明るさに関係なく、センサー感知で約1分間点灯
・お出迎えモード(下図参照)

 

センサー検知範囲は意外と狭い半径3m程度。

 

出来るだけ通路を通った場合の感知率を上げようと、センサーを通路側に向けて設置。

 

完成~

 

夜になってから点灯させてみたところ、けっこう良い感じになりました。

センサー範囲がもう少し広ければ、なお良かったな。