単3電池が生み出す単1・単2!電池アダプターを活用したエコライフ

単3電池が生み出す単1・単2!電池アダプターを活用したエコライフ

子供の頃から充電電池には世話になっている。

だって、とってもエコ!

エコロジーでエコノミー。

 

電池自体は高いけど、充電コストは無視できるほど安く、その経済性は高い。

そんなわけで、今でも懐中電灯や工具などに大活躍している。

 

ただし、これは単3に限った話。

単1や単2の充電電池って高いから、ヘビーユーザーじゃないと元が取れそうにないのだ😱

例えば、単1形ニッケル水素電池だと、1本1,000円程度もする。


しかも、単3電池と違って交換頻度もそんなに高くなく、充電式のメリットが感じにくい。

 

よって、我が家で単3電池は充電式、その他はアルカリ電池などを使用していた。

 

でも、、、最近、単1や単2の電池消費量が増えている。

単1電池を消費するのがコレ!

 

電動のゴミ箱だ。

今のところ半年に1回程度ではあるが、1台当たり3本が消費される。

 

 

そして単2電池を消費するのはコレ!

 

子育て家庭の強い見方、タカラトミーのメリーだ。

こいつも使用本数は3本。

 

 

現在、これらには通常の乾電池を使用している。

よって、電池交換の際、古い電池は廃棄となる。

その度に、私のエコ心はうずく(エコノミーの意味で)。

使い捨てはもったいない❗

 

3度目くらいの電池交換をしている時、、、

私はとうとう決心した。

充電式の電池を買おう!と。

 

とは言え、単3以外の充電電池は上述のとおり、購入する気になれない。

そこで活躍するのが電池サイズを変換できるアダプターである!

これを使えば、単3電池を単2サイズや単1サイズに変更できるのだ。

 

しかもこれ、ダイソーなどの100均で入手できるモノもある。

こりゃお得!

 

もっと言うと、充電電池まで100均で売っている。

充電電池って、こんなに安いのね!!

でも、さすがに100均の充電電池は信用できない。。。

とは思ったものの、試しに購入。

結論としては、まぁ使えてます。

でも、名実ともに容量少ないし、なんだか不安…

 

私が使用している充電電池はこちら

ニッケル水素電池のエネボルト(enevolt)だ。

どっかで聞いたことある名前で、いくばくかの怪しさを感じる充電電池である。

2100mAhと高容量だが、この表示を真に受けて良いのであろうか(;^ω^)

エネボルト(enevolt) 単3 充電池 2100mAh 

Amazon  楽天市場  Yahoo!

ちなみに、さらに大容量の 3000mAhタイプも売られている。

enevolt(エネボルト) ニッケル水素充電池

 
Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

容量に関しては、どの程度信じられるのか不明、、、

そんなこの電池をアダプターを使って単2タイプに変更する。

こんな感じだ。

 

 

んで、子どものオモチャにセット。

結果、単二アルカリ電池と同等とまではいかないけど、数週間は使えました。

まぁ及第点かな。

 

 

 

この成功に気を良くして、単1電池も充電電池にする試みを決行。

使ったアダプターはこちら。

 

単3電池を3本で単1を作るアダプターである。

スマイルキッズ 単3が3個で単1アダプター ADC-311

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

単3電池1本だけを使用するアダプターもある。

が、しょっちゅう交換、充電を繰り返さないといけないのはゴメンだ。

てことで、このアダプターを購入したのであるが、、、

 

ここで問題発生!!

エネボルトをアダプターにセットしたところ、接触不良が起こるのだ(>_<)

 

充電電池の形状は、普通の乾電池と微妙に異なる。

特に、高容量モデルは一般乾電池より直径が太く、プラス端子が低いため、接触不良が生じやすいそうだ。

 

ということで、仕方なくハイエンドモデルでない充電式エボルタを購入。

 

これだと接触不良なく快適に使える。

 

充電電池でエコライフ、あなたも是非!