“ウッドデッキ風タイルデッキDIY⑪~曲線タイルカット~

“ウッドデッキ風タイルデッキDIY⑪~曲線タイルカット~

ここのところ、タイルを切る日々が続いている。

グラインダーでの切断が板についてきたのは良いのだが、作業がなかなか進まないのである。

というのも、この作業、とにかくうるさい

子供が起きるので、タイミングを見計らって作業する必要があるのだ。

とは言え、着々と作業は進んでいる。

そして、とうとう!

タイル切りの最難関曲線切りをせねばならぬ時がきた。

なぜ曲線にタイルカットする必要があるのか!?

それは、ここ↓にタイルを張るためである。

そう、埋め込み式のライトの箇所だ。

ここはプロなら間違いなくコアドリルというブツを使うところである。

コアドリルってのは、電動工具に装着して円筒状の穴をあける工具。

コイツを使えば、それほど苦労なく、キレイな穴をあけるかことができる。

しかし、若いうちは自ら進んででも苦労するものだ!

通勤列車内で優先座席を陣取る小学生に対して、私は毎朝そう言っている(心の中で)。

世の中は、楽をしたら良いってもんでは無いのだよ。

ここはあえて、イバラの道、すなわちグラインダーにこだわって曲線を切り出すと決めたのである。

ごめんなさい。嘘です。

コアドリルってムッチャ高いの。

穴をあける素材によって値段はピンキリだけど、安いものでも、1万円近くはする。

数回しか使わない工具にそんな大金出せねぇ!

ということで、グラインダータイルを切ることにしたのである。

その工程を説明しよう。

まず、穴開け箇所に線を引く。

でグラインダーを斜めにして曲線で切っていく。

以上!!

文章で書くと簡単だけど、やってみた結果、、、

えーっと、いきなりですが失敗です。

タイルの真ん中に穴を開けようとしたら、あえなく玉砕。

気を取り直してやり直すも、また失敗。。

円状に切れ込みを入れるところまではできる。

が、切れ込みをどんどん深くする、もしくは内部を十字に切って取り除こうとすると、それほど力を入れてないのにカンタンに割れる。

てか、円状にキレイな溝掘っていくのが全然できない。

うーむ、コリャ無理だ。

3枚ほど割った結果、そういう結論に達した。

そこで次の作戦。

円はダメでも半円ならばできるだろう。

ってことで、半円二つで挟み込むことにする。

まず、タイルの裏側を半円状に削っていく。

まったくもって汚い削り方だ。

で、表面も切れ目を入れる。

難しー!!!

全然キレイに切れんわ。

その後、切れ込みに向かって半円内部を切り落としていく。

とりあえず完成。

はめてみた。。。

うーむ、完成度が低い。

見た目は最悪である。

が、ライトを取り付けたらタイルの切れ目は隠れるから、ここはこれで良しとしよう。

↓完成イメージ

というか、もう疲れってのが本音である(;^ω^)

しかし、悲劇は起こった。

姉さん!事件です!!

まったくの不注意で、隣のタイルをたたき割ってしまいました!

写真では見えにくいが、隣のタイルだけでなく、苦労して半円状に切り出したタイルにもダメージが!!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

あれほど苦労したタイルの切り出しをやり直すハメになろうとは。。。

気を取り直して、再挑戦!

慣れてきたからか、前回より切れ込みがキレイ、かな。

こうして。

こーして。

さらにこーして。

こう。

(説明の放棄)

できました!

なお、タイルの貼り直しには下地を削り取る必要があって、それがタイル切り出しよりも強烈に面倒だったりする。

このネタは、またの機会に紹介する。かも。

タイルを穴に合わせるとこんな感じ。

これなら及第点を付けても良いのではないですか、先生!

てなことで、ここまでできました!