超カンタンなタイルの施工方法

超カンタンなタイルの施工方法

我が家の庭の多くの部分は、土むき出し状態である。

この状態だと色々な弊害がある。

 

まず、雑草!

油断していると、すさまじいスピードで増殖する。

 

そして、雨の日の泥!!

玄関タイルを白系にしていると、特に泥は大敵。

 

ってことで、土むき出し状態をどうにかしたい!と常々思っていたが、

どうせならエレガントなエクステリアにしたい、、

と先伸ばしにし続けていた。

 

しかし、今年は一段と雑草の生育スピードが早いし、雨も多い。

いよいよ雑草+泥問題は待ったナシ状態のところまで悪化してきている。

 

そこで、とうとう!

苦肉の策としてガレージの床用に購入していたタイル設置することにした。

 

まぁ、設置と言っても、ただタイルを並べるだけである。

これはあくまでも一時的な措置なのである。

 

あっという間に完成。

 

表土を柔らかくしてから敷くとか、雨上がりの地面が緩くなっている時に敷く等すれば、タイルが地面にめり込み、より完成度が高まる。

しかし今回は、あくまでも仮の状態なので、文字通り「ただ置いただけ」。

それでも、最初は上を歩くと不安定なタイルもあったが、ひと月もすれば、しっかりと地面にめり込んで固定された。

このように、ある程度の厚さで耐久性のあるタイルなら、モルタル等で固定しなくてもタイル施工が可能であった。

 

なお、薄いタイルでこの施工をすると割れる危険性がある。

特に面積が大きく、薄いタイルの場合は、高確率で割れるので注意。

そのようなタイルを床タイルとする場合は、下地を作ってモルタル等でしっかり固定する必要がある。