地中埋設型のガーデンライト「グランドライト」

地中埋設型のガーデンライト「グランドライト」

グランドライトをご存じであろうか?

地中に埋め込んで直上を照らすライトのことである。

外構部材メーカー「タカショー」では地中埋込型ライトという名でも販売されている。

このライト、下から照らすことで、高級感が出せるのでオススメなのだが、お値段は高め。

踏まれること前提の、丈夫な作りなので仕方ないか。

我が家ではタカショーのリングタイプライトを玄関先に採用している。

 

キレイな発光なのでお気に入り。

だけど、ちょっと残念な点もある。

夜はキレイで文句なし。

 

でも昼見ると…ん?

 

ちょっとくすんでる!?

 

新品との比較がこちら。

並べてみると、明らかに違う。

くすんどる!

 

直射日光を2年間受け続けた結果、プラスチック部分が劣化し、くすんでしまっているのだ。

 

紫外線による劣化は、エクステリア部材の宿命なので、どうしようもないとは思うものの、悲しい… (・・;)

車のライトカバーのような劣化しにくい素材を使う訳にはいかないのだろうか。

綺麗な発光をする商品だけに残念。

 

 

ついでに他の光りモノも参考までに紹介すると、、、

タカショーのソーラーLEDライト。

 

これでも新品の頃はオシャレな感じだったのだ。

が、2年でくすんでしまっただけでなく、今や点灯もしない。

こいつは、もう捨てよう…

          

 

一方で、まったく劣化が感じられないグランドライトもある。

車がのっても大丈夫なタイプで、駐車場に設置してるブツだ。

 

こちらも同じタカショー製だが、プラスチックではなく強化ガラス採用。

新品と比較しても↓このとおり、それほど変わらない。

 

ただし、お高いのだけどね。。

 

結論:プラスチック製のエクステリア商品は安いけど、太陽光による劣化の覚悟が必要。