コンプレッサー購入は敷居高いけど、あると便利

コンプレッサー購入は敷居高いけど、あると便利

コンプレッサーは圧縮空気を作り出す機械である。

この機械,があると、とっても便利。

エアツールと呼ばれる様々な道具が使えるようになり、作業の幅が広がる。

 

でも、購入に至る心理的ハードルは高い。

なんだか危なそう。。。

イマイチどのように使うのか謎。

DIY初心者の自分に扱えるのだろうか。

などなど。

 

普段身の回りでは見ることが少ないツールだけに、なかなか購入する勇気がなかった。

 

しかし、イナバガレージを建てたのを期に、一念発起!思い切って購入しました!

買ったのは高儀(タカギ)ってメーカーの容量13Lタイプ(ACP-13SLA

 

Amazon  楽天市場  Yahoo!

「安くて、レビューも良かった」という、ありきたりな理由での選択。

てか、そもそも容量はどの程度が良いとか、騒音レベルはどうとか言われても、使ったことないのでイマイチ実感がなく分からないのだ(;^ω^)

 

結果、まったくズブの素人がレビュー頼りで購入したわけであるが、今のところ概ね満足している。

 

一応、この機種の特徴を紹介しよう。

エアー充填性能は、ダブルピストン採用で速い。らしい。

他のコンプレッサーの充填スピードを知らないので、正直よくわからんが、まぁ、今のところ遅くてイライラしたことはない。

ってことは速いのだろう。

 

騒音に関しては、静かさを売りにしている割に、それほど静かではない。

と思い込んでいた。

コンプレッサーって、ホントはもっとウルサイのが普通で、「これでも静かな方」なのだとボンヤリ考えたりしていたのだ。

が、ある時、吸気部分のフィルターを装着していないことに気が付いて、取り付けたら、、、

ムチャ静か!!Σ(・□・;)

フィルターには消音効果もあるのね。

観賞魚用のエアポンプとまではいかないが、それに近い静かさだ。

 

重量は13Kg。

コンプレッサーのなかでは小型で軽い部類に入るそうだ。

作業する場所まで、片手で持ち運んで使えるのは大きなメリットである。

 

エア圧は0.7Mpa(7気圧くらい)

いわゆる常圧タイプである。

大工さんがよく使っているのは、高圧タイプで、その方がパワーが出せるそう。

でも、高い。

現状では、常圧で不自由なし。

DIYレベルの素人なら常圧で十分である。

 

容量13Lはフィニッシュネイラーやエアタッカーを使う分には特に問題ない。

一方、エアインパクトレンチやエアダスターなど、大量のエアーを使う工具の場合、使用方法によってはストレスを感じることもある。

予備タンクを接続して容量を増やす技もあるようだけど、今のところ、そこまでするほどでもないかな。

Amazon   楽天市場   Yahoo!

ところで、エアツールを扱う前に疑問だったことがある。

圧のかかっているホースを取り外したら、どうなるのか、だ。

接続部が弾丸のようにぶっ飛んできて、当たりどころが悪いと大惨状!ってなイメージを勝手にしていたのだが、実際に使ってみると、そんな事態にはならない。

エアホースの取付部分(コンプレッサー側)には弁が内蔵されていて、取り外したら自動的に閉じ、エアーを逃さない構造になっている。

なので、圧がかかった状態でもエアツールの取り換えが可能なのである。

よーできとるな。

 

 

リセットボタンもある。

起動できなくなったときに使うらしいが、いまだ使ったことはない。

 

 

コンプレッサーを使って一番利用するのがこちら。

エアダスター

勢いよく空気を吹きかけることで、ゴミ等を吹き飛ばすモノだ。

これがなかなか便利。

せっかくなので、今日行った空気清浄機のクリーニング写真も載せておこうと思う。

我が家の空気清浄機はこちら。

半年ほど掃除していなかった。

 

フィルターにホコリがたまっている。

汚い!!

ってことでエアダスターの出番である。

こいつは、すごい風圧でホコリを吹き飛ばすので、作業が爽快。

そしてホコリが飛んでいくのを視覚的に捉えられるため、掃除した気分にもなれる。

 

あっという間にホコリを吹き飛ばせた。

そのほかにも、キーボードとかの隙間に入り込んだホコリを吹き飛ばしたり、水滴を飛ばしたり・・・

あると、たいへん重宝する工具です。