イナバガレージに掃出窓をDIY!サッシ枠の取り付け

イナバガレージに掃出窓をDIY!サッシ枠の取り付け

イナバガレージに掃出窓を設置する。

前回、これまで設置していた引き戸を外し、壁パネル2枚と共に別れを告げた。

引き戸にかけた費用や設置の手間を考えると、かなり思いきった決断だったけど、いざ取り去ってしまうと清々しい気分である。

やっぱり壁がないとスッキリするな。

 

新しく取り付ける掃出窓は…

注文から待つこと一週間、ついに届きました!

なかなかデカイ。そして重い。

 

まずはサッシ枠取付のための補強を行う。

特に荷重がかかると想定されるのは、イナバガレージ側面中央部にある柱。

柱表面の汚れは、吹き付けたウレタンを削ぎ落した名残(;^ω^)

 

この柱を覆うように木材を組んで、こんな感じになりました。

見栄えよりも強度重視(^-^;

どうせ見えなくなる部分なので。。。

 

次に、サッシ枠を寝かせた状態で組み立てる。

4本のアルミ枠をネジ止めする簡単な作業、、、のはずなのだが、部材の向きに戸惑う。

なんとか組み合わせてネジ止め…

 

 

ガーン!ネジをひとつ紛失(@_@)

そこらのホームセンターでは取り扱ってなさそうなネジなので、なんとか探し出したけど、だいぶ時間をムダにしたわ。

やっぱ、組み立ての際に入れるネジ用の皿を買お。。

 

で、設置するために起こすのだが、この作業は2人で行うのが基本らしい。

自分のように1人で挑戦する孤独な人は、サッシ枠の一方の角を持ち上げないように注意。

ゆがみます(;^ω^)

 

今回のサッシ枠は、なんとか一人でも作業できる大きさ( `ー´)ノ

開口部分にはめ込んで、いったん養生テープで仮止め。

その後、ドリルネジでイナバガレージ本体および補強の木材と固定する。

 

今回の窓サイズは、高さが2030mm、横幅が1900mm

イナバガレージ(ガレーディア)のハイルーフタイプだと、高さは壁パネルを取り去った開口部分に、ほぼピッタリ。

横幅は、壁パネル4枚を取り去った開口が2000mm(1枚500mm)のため、100mmのすき間が生じる。

 

ここは、土台の角材に80×30mmの角材を「く」の字に取り付け。

なお、サッシ下とガレージとの間はゴムシートをひいている。

 

そんなこんなで、とりあえず、サッシ枠が固定できた。

見栄えはともかく、強度的には問題ないだろう。

 

で、最後に窓をサッシ枠に取り付け。

今回の窓は大型のため、けっこう重い。

フラついて倒れそうになった時は肝が冷えました(;^ω^)

完成~!

次回はサッシの防水処理デス。