最後の仕上げ!タイルの目地をDIY

最後の仕上げ!タイルの目地をDIY

なんとか一連のタイル貼り付け作業が終了した。

今回は最後の仕上げ、目地の施工に取りかかる。

使用する目地材はこれ!

LIXILのイナメジ

 

使うのは初めてなので、まずは裏面の説明書きの通り作業する。

イナメジ1Kgに対して約215mlの水を加える、とある。

けっこう細かいな。

しかも

水の入れ過ぎや混練不足は目地の色ムラや硬化不足の原因になります

と強調してある。

ここは初心者らしく、ちゃんと計ろう(^-^;

 

2Kgのイナメジと水430mlを強靭バケツに入れ、スコップで混ぜる。

最初は全く混ざる気配がない。

水と油のようだ。

コレ、ホントに混ざるの??

 

この状態で、根気よく混ぜ続ける。

と、突如これまで分離していたのがウソのように混ざった。

なんだか不思議。

 

 

次に、目地入れする部分を湿らせる。

目地入れ箇所が乾燥していると、うまく目地が付着しないのである。

なぜ知っているのか?それは失敗したからデス(;^ω^)

 

この日は良い天気だったので、写真の通りビチョビチョの状態にしたけど、少し湿ってるくらいがベスト。

せっかく良い具合の固さに調整した目地材がユルユルになってしまうからである。

 

そして、目地を入れていく。

使うのは「ゴムヘラ」、そして目地を押さえるためのコテ、その名も「目地コテ」。

 

ゴムヘラは100均のモノだが、目地コテはホームセンターで購入。

結論から言うと、今回は目地コテ無しで良かったかも(^-^;

タイル間のミゾが、それほど深くなかったので、ゴムヘラだけで十分目地を埋めることができたのだ。

まぁ、目地コテは100円ではないが安いモノなので、あった方が安心ではある。


赤長 平目地コテ 4.5mm

 

ひたすらゴムヘラで目地材を塗りこんでいく。

「目地部分だけ」というより、「目地部分を中心に」塗り込むって感じだ。

塗り込みが甘く、目地材の中が空洞になっている状態だと、乾燥後に目地が歯抜けになってしまうので、とにかくよく塗り込む。

 

なお、塗り込んでから目地コテで押さえるのが理想だが、あまりやっていない。

平たく言うと忘れてた(^-^;

 

で、後は30分ほど放置。

というか、先にドンドン作業を進める。

 

この日は気温も高く、乾燥していた。

30分ほどすると、こんな感じになりました。

キレイ好き?の人間にとっては、もっとも心苦しい時間である。

 

目地材はすでに少し硬化している。

この時点で、タイル表面についた不要な目地材を濡れたスポンジでふき取っていく。

地味な作業だけど、重要な工程。

拭きとりが甘いと・・・後で後悔します!

 

完成!!

でも実は、、、既存の目地と色が違うことに気づいたので、やり直し予定です。

目地材って、乾くと全然色が変わるのね( ;∀;)